人・鳥・社会の幸せのために

寒い季節の温湿度管理


以下の文章はペット新聞社さんから出版されている「手乗り鳥の本 7号」に
掲載した内容です。
インコ、オウムの関連記事は「手乗り鳥の本」シリーズをご参照くださいませ。

寒い季節の温湿度管理
松本 壯志

特に初めての冬は温度、湿度管理がとても重要です。
初めて冬を越すインコ、オウムにとって温度、湿度管理はとても重要です。
また、最近インコ、オウムをお迎えされた方はもちろんのこと、春くらいに
お迎えされたインコ、オウムも同様です。
暑い夏を超したので、つい寒い冬のことを忘れがちです。
「前飼ってたオウムは暖房なんてしなくても平気だったよ」というお話を
よく聞きます。
もちろんインコ、オウムは最初の冬を超してたくましく育てれば日本の
環境に慣れてきます。でも、まだ1歳未満の若鳥にとって日本の冬は
最大の試練です。できれば25度以上は保ってほしいと思います。
もし、病気の仔や元気のない仔そして幼鳥でしたら28〜32度くらいに
保温したほうがいいでしょう。

どんな保温器具を選べばいいでしょうか?
ペットヒーター(ひよこ電球)を使われる方が多いと思いますが、いくつか
注意点を述べます。
まず、ヒーターを使用するときはすぐセットしないで、ケージの近くに数日
置いてください。
いきなりセットするとヒーターを怖がってパニックになる仔がいます。
ヒーターにしっかり慣らしてからセットしましょう。
逆にヒーターをおもちゃと思い破壊活動に入る仔もいます。
特に注意しなくてはならないことはヒーターの電源コードです。
通電中にコードを噛み切ってしまうと、インコ、オウムも危険だし、
火災の危険も伴います。
コードを引っ張り込んで噛まれないようにしっかり固定してください。
おもちゃのように破壊するようなインコ、オウムの場合はペットヒーターを
ケージの外にセットしたほうがいいでしょう。

ペットヒーターはその周りだけしか保温してくれません。
ケージを置いてる部屋がとても寒い場所でしたらヒーターそのものの
効果も半減します。
「ペットヒーターをつけてるから安心」と思わないで、必ず温度計を
セットし、常に室温を確認しましょう。
ペットヒーターの側は温度が高いので、できればヒーターとは反対側に
温度計をセットすればかなり信頼性が上がります。
ペットヒーターにサーモスタットがついてないときは、温度は上がりっぱなし
になりますので必ずサーモスタットを使用するようにお願いします。
ただし、サーモスタットの設定温度はセンサーの置く場所によって違いますので、
必ず温度計を見ながらサーモスタットの温度設定を行ってください。

ケージの周りを囲うことによって保温効果をあげる方法もあります。
ただし、透明のビニールクロスなどで囲うと、インコ、オウムは必ずと
いっていいほど噛み千切ります。
その時、万が一食べてしまったりすると危険です。
もし、囲うとしましたらアクリル板がいいでしょう。
少し高価ですが、紫外線を透過しますので、外で日光浴も可能です。
園芸用の温室を使う方法もあります。
こちらもできればビニールタイプではなく、ガラスタイプの温室がいいでしょう。
いずれにしてもケージを囲っていますので、換気には充分気をつけてください。

最初の冬だけ多少出費を捻出できるのでしたら「2重保温」をお勧めします。
それはペットヒーターなどでそのケージ内を保温するのと同時に、ケージを
置いてる部屋そのものを保温する方法です。
例えば幼鳥の場合、エアコンなどで部屋を25度にセットし、ペットヒーター
で28度にセットするという方法です。部屋全体を保温する器具は、エアコン
や電気、ガスストーブ、オイルヒーターなどが考えられますが、すべての暖房
器具はインコ、オウムがいないところで数日試運転してからお使いなるように
お願いします。過去に新品のガスストーブを使って、1時間もしないうちに
インコ、オウムが死亡した話を聞いたことがあります。
新品にはいろいろな塗料や「アク」みたいなものがたくさんありますので、
必ず試運転お願いします。
また、安全性が確認されていない暖房器具(例えば遠赤外線など)については
使用しないほうが無難だと思います。

1日の温度差が重要です。
住んでる地域や建物の構造にもよりますが、インコ、オウムにとって一番
心配なのは温度差です。
温度差が大きければ大きい程、インコ、オウムへのダメージは大きいです。
日当たりが良いからといってケージを窓の近くに置くのは危険です。
ガラス窓の近くは一番温度差があるところです。
1日の温度差が5度以上あれば保温内容の見直しが必要だと思います。
必需品として「最高最低温度計」をご用意されることをお勧めします。
これはあまり見かけないようでいて、意外に近所のホームセンター
でも置いています。

インコ、オウムにとって湿度はもっと重要です。
寒い冬のもうひとつの問題は湿度管理です。
熱帯の鳥は温度より湿度が重要だといわれています。
特に日本の冬はどうしても乾燥しますし、暖房器具で保温していれば、
さらに湿度が低くなってきます。
インコ、オウムにとって快適な湿度は60%前後です。加湿器を使って
調整しましょう。
もちろんこのときも加湿器の湿度設定で判断するのではなく、湿度計で
客観的にモニタしてください。
加湿器はインコ、オウムの近くではなく、ケージを置いてる部屋全体を
加湿したほうがいいと思います。

今回は初めての冬を越すインコ、オウムについて書きましたが、
2年目以降の鳥さんにも共通しています。
違うところは室内温度が高いか低いかです。
2年目以降はたくましく育ててあげれば日本の気候に馴化してきます。
だからといって吹きさらしに愛鳥さんを放置したり、とても寒いのに
何もしてあげないのは愛鳥さんの寿命を短くするようなものです。
人は鳥を選べますが、鳥は飼い主さんを選べません。
自分が鳥だったらという気持ちで愛鳥さんを大事にお世話してあげてください。

TSUBASAのトップページに戻る
[PR]



# by soushi914 | 2001-06-15 13:45 | 国内レポート

世話・管理基準

世話・管理基準
TSUBASAの業務計画、目標及び目的

里子になる鳥・情報とサービスの受入れ:人道的かつ責任ある鳥の所有権譲渡
1.飼主と鳥の履歴書-医療と社会生活の履歴
2.鳥の所有権譲渡同意書-鳥の所有権を譲渡する法的書類
3.健康診断と検査-健康状態を確認するためにTSUBASA指定の医療検査項目(別紙参照)
4.TSUBASAのスタッフにより構成される「鳥委員会」(仮名)が里子希望を審査し、新しい鳥の受
け入れスペースの確保など、受け入れの可能性を判断
5.鳥が住む場所を失わないためにもスタッフが飼主の相談に乗り、問題に対する解決案を探る
6.「放棄寄付」を働きかける

記録保持:それぞれの鳥の正確な記録を維持する
1.それぞれの鳥の医療、精神、肉体の履歴を記録、ファイルし、追跡調査する
2.それぞれの鳥の記録はTSUBASAのデータベースに入力され、鳥の生活に関する全ての経過情報
と将来の生活記録がわかるようにする

検疫:既にTSUBASAに暮らす鳥たちを病気から守る
1.平均で80日またはそれ以上。最後の鳥がTSUBASAに引取られてから開始
2.引取り前に獣医師による検査及び血液検査
3.毎日の体重、食事量と糞の観察と記録
4.検疫後、健康が確認され種類別に分けられる

鳥舎・管理:最高の環境を提供し、たくましい鳥を促進しサポート
1.鳥の種類に応じた無害のケージ
2.生活環境の質の向上:様々な色や形のおもちゃ、新鮮で無害の止まり木や様々な素材の止まり木
3.栄養度の高い食事:精白していない穀物、新鮮な発芽豆、新鮮な野菜、新鮮なフルーツ、質の高い
ペレット、ナッツやシード
4.ケージと床は毎日洗浄
5.靴底の殺菌用のフットバスを各部屋の前に設置、毎日交換
6.鳥が屋外に出される前に屋外のフライトはホースの水で毎日洗浄-害虫を防ぐために、鳥が屋外に
いるときは水だけあたえられる。

リハビリテーション:破壊行動を減少させ、生活によく適応し満足な鳥を促進する
1.栄養度の高い食事
2.生活環境の質の向上
3.毎日の触れ合い、交流、鳥同士の集まり
4.毎日屋外のフライトとケージに出る
5.迅速な医療ケアと治療
世話管理基準 1-2
Copyright© TSUBASA 2003
世話管理基準 2-2
Copyright© TSUBASA 2003
里親:人間の家庭で暮らせる鳥のために、長期で安定した場所を提供
1.極秘の里親申込書
2.TSUBASAの会費と会員用の教育パック
3.TSUBASAで暮らす鳥の医療情報
4.TSUBASAの鳥とスタッフに会うための訪問(必須)
5.家庭訪問(必要に応じて)
6.里親委員会と関連部署による広範囲にわたる電話でのインタビュー
7.鳥の里親費用(申込が承認された場合)
8.鳥との相性をみるためにTSUBASAの施設で宿泊
9.電話やメールによる定期的で継続的なフォローアップ及びサポート
10. 里親契約(本契約)
11. 毎年の追跡調査(アンケート)

サンクチュアリ:何らかの理由により里親に出せない鳥のための永久的保護所の提供
里子プログラムに引取られた後、年齢、健康状態や特別な問題行動などの要因からサンクチュアリで暮
らしたほうが幸せだとTSUBASAが判断した鳥がサンクチュアリへ。

レスキュー(救出):災害などにより緊急避難が必要と認められる鳥を確保し、住む場所を提供する。

教育:全世界のオウムのニーズについての意識の向上を図る
1.施設内のツアー、オリジナルや複製した教育的印刷物、ホームページ、メールと電話によりサポー
トやカウンセリングを通して一般社会に情報提供を行う。
2.獣医師、支援者、ボランティア間の情報交換
3.会議、ショー、記事や出版物、講義や提携

教育、シンポジュウム、鳥団体との提携
1.ガブリエル財団のシンポジュウムへの参加
2.飼鳥から野生の鳥の保護まで、鳥の生活保護関連の問題に特化したシンポジュウムへの参加
3.コンパニオン・バードに関するセミナーやシンポジュウムの開催

TSUBASAのトップページに戻る
[PR]



# by soushi914 | 2001-06-15 12:20 | 世話・管理基準

鳥の飼い主への十戒 (鳥の視点から)

2000年2月アメリカ・ラスベガスで開催されたガブリエル財団の
シンポジウムで、著者のジェーン・ホランダーさんにお会いする
ことができました。
鳥をコンパニオンバードとして飼われてる方に是非読んで
いただきたい内容です。
翻訳はぷーままさんとDREAMBIRDの奥村さんです。
ありがとうございました。

鳥の飼い主への十戒 (鳥の視点から)

 1.私は10年かそれ以上生きるでしょう。
   飼い主と別れるのは大変辛いのです。
   お家に連れて帰る前にその事を思い出して下さい。

 2.あなたが私に望んでいることを理解する時間をください。

 3.私を信じてください-それが私の幸せにとって重要なのです。

 4.長い間私に対して怒らないでください。
   罰として閉じ込めたりしないでください。
   あなたには仕事と娯楽があり友達もいます。
   私にはあなたしかいないのです。

 5.私に時々話しかけてください。
   あなたの言葉が理解できなくても、話しかけてくれれば
   あなたの声はわかります。

 6.あなたがどのように私を扱っても、私はそれを忘れません。

 7.私を叩く前に、私にはくちばしがあってあなたの手の骨を
   たやすく噛み砕いてしまうこともできるということを
   思い出してください。
   でも私は噛みません。

 8.私を協力的でない、ガンコ、だらしないと叱る前に、
   そうさせる原因があるかどうか考えてみてください。
   たぶん適切な食べ物をもらっていないか、
   ケージにいる時間が長すぎるのです。

 9.私が年老いても世話をしてください。
   あなたも年をとるのですから。

10.私が最後に旅立つとき、一緒にいてください。
   “見ていられない”とか“自分のいないときで
   あってほしい”なんて言わないで。
   あなたがそこにいてくれれば、どんなことも平気です。
   あなたを愛しているのだから。

TEN COMMANDMENTS OF PARROT OWNERSHIP
- From a parrot's point of view -
By Jane Hallander

転載いただける際には、ジェーン・ホランダーさんが
作者であることを明記の上、当ページへのリンクをお願いいたします。

TSUBASAのトップページに戻る
[PR]



# by soushi914 | 2001-06-15 10:43 | 鳥の飼い主への十戒

TSUBASAとは?

TSUBASAとは
TSUBASA(読み方:ツバサ)とは「The Society for Unity with Birds - Adoption and Sanctuary in Asia」(=鳥と調和のとれる社会 - アジアの里親とサンクチュアリ)の略です。

設立
2000年3月21日

事務局
千葉県富津市湊456

目的
TSUBASAはペットとして鳥類を飼養する者、又は鳥類の愛護に関心を持つ者に対して、鳥類の適正飼養に関する啓蒙活動、動物愛護と公衆衛生についての正しい理解を普及させるための活動、及び鳥類保護と野生環境保護に関する調査研究・教育活動を行い、鳥類に対する愛情を喚起することによって広く地球環境保護と博愛精神の涵養を図り、もって人間と動物が共生し得る明るい社会の醸成と、青少年の健全な育成に寄与することを目的とする。

活動内容
TSUBASAは前条の目的を達成するために次の種類の活動を行う。
(1)保健、医療又は福祉の増進を図る活動
(2)社会教育の推進を図る活動
(3)環境保全を図る活動
(4)国際協力の活動
(5)子どもの健全育成を図る活動
具体的な活動
TSUBASAは前条の活動に係わる次の具体的な活動を行う。
(1)鳥類適正飼養に関する教育啓蒙事業
(2)飼養者の保護下を離れた鳥類の保護事業
(3)鳥類の疾病に関する調査研究事業
(4)鳥類飼養に係る公衆衛生知識普及事業
(5)Animal Assisted Therapyに関する調査研究事業
(6)鳥類愛護、地球環境保護に関する国際協力事業
(7)青少年に対する動物愛護精神啓蒙活動
(8)その他この法人の目的を達成するのに必要な活動
収益事業
TSUBASAは上記の目的を達成するため、次の収益事業を行う。
(1)鳥類飼養、公衆衛生に関する出版物刊行事業
(2)上記に関するセミナー、講演会開催事業
(3)国外に於いて鳥類のおかれている環境の現況視察事業

TSUBASAのトップページに戻る
[PR]



# by soushi914 | 2001-06-15 08:28 | TSUBASAとは?

TSUBASAとCAP!の活動と管理人の日常をご紹介します。
by soushi914
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

メモ帳

検索

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧