人・鳥・社会の幸せのために

<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧




とりッずフェア with 柳瀬川花火大会のご案内

こんばんは。

とり村で、鳥さんモチーフの作品を展示販売しているスペース
「とりッず」が賑わい始めています。

とりッずとは、鳥さん大好きなクリエイター様とお客様の
コミュニティー空間です。鳥さん雑貨や本、アクセサリー、
文房具、食器や陶器小物など、とりッずでしか手に入らない
ものにたくさん出会えます。

普段は、クリエイターの皆様とはお顔を合わせることができ
ませんが、作品の魅力もさることながら、クリエイター様の
魅力にもぜひ触れていただきたいという想いから、この度、
対面式の展示販売「とりッずフェア」を開催いたします。

そして、この日はとり村から間近で鑑賞できる「柳瀬川花火
大会」も開催されますので、とりッずフェアで楽しんでいた
だいた後は、ぜひ花火大会もお楽しみいただけたら、嬉しい
です。

《とりッずフェア with 柳瀬川花火大会 概要》

●日時 8月27日(土)
    とりッずフェア 15:00~18:00
    柳瀬川花火大会 20:00~21:00
    *花火大会は、雨天の場合は中止となりますが、とりッず
     フェアは雨天に関係なく開催いたします。
    *2階のTSUBASAの鳥たちと触れ合える時間は
     10:00~13:00です。

●場所 とり村

●とりッずフェア 出展予定ブース数 20

●とりッず終了後に、バーベキュー大会も予定しております。
 昨年同様、食べ物や飲み物を持ち寄って、みんなでワイワイ
 花火を観ながら楽しみましょう。
 *雨天の場合は中止させていただきます。
 *内容に変更が生じる場合もございます。あらかじめご了承
  願います。

【お願い】

 花火大会当日は交通規制が敷かれますのでご注意願います。

?お車の方:とり村には駐車場がございませんので、近隣の
      駐車場をご利用くださいますようお願いします。

?送迎車 :15:00までは送迎させていただきますが、
      それ以降は交通規制されますので、ご利用が
      できません。

      柳瀬川駅までお帰りの方は、花火大会が終わり、
      交通規制が解除されてからの運行になります
      (21:00以降)。

?飲食について
 ソフトドリンクはTSUBASAカフェでご利用でいただけます(有料)。
 それ以外(食事やビールなど)はご持参いただくか、近所にオリ
 ンピック、マック、ケンタッキー、Mr.ドーナツなどがございま
 すのでご利用ください。

?鳥さんとの同伴について
 午後からとりッずフェアを開催いたしますので、鳥さんのご同伴
 は、ご遠慮願います。

8月27日(土)はぜひ、とり村に足をお運びください!
皆様のご来村をお待ちいたしております!
[PR]



by soushi914 | 2011-07-20 21:45 | とり村

8月の愛鳥塾のご案内

こんにちは!

7月だと言うのに、すでに暑さ厳しい日々が続いていますが、
皆様お元気にお過ごしでしょうか。
暑くなると言われている8月ですが、それでもやっぱり愛鳥塾を
開催いたします。
もしよろしければ、TSUBASAの鳥たちに逢いに来ていただく
ついでに、ご参加いただけましたら、幸いです。

【8月の愛鳥塾のご案内】

第30回愛鳥塾 Avi-nut
日付:8月7日(日)
担当:柴田(社団法人TSUBASA)
時間:12:30~13:00(受付開始12:10)
参加費:500円
タイトル『海外雑誌を読んでみよう!』

「Good Bird magazine」(Volume5-3 2009 Fall)に掲載されています
「Be prepared! The Avian Disaster Kit」
(準備しよう!鳥さんの災害キット)
について、海外ではどんなものを「もしも」の時のために準備しておいた
方がいい、と書かれているのかを皆さんと読んでみたいと思います。
時間に限りがございますので、全4ページの記事の中から読解箇所を
ピックアップさせていただきます。


第31回愛鳥塾
日付:8月14日(日)
担当:涌井(社団法人TSUBASA)
時間:12:30~13:00(受付開始12:10)
参加費:500円
タイトル『とり村の鳥達と学ぶ健康管理~にらめっこ編~』
?
「忙しい中で、毎日体重を測ったり触ったりはちょっと難しい。」
「捕まえたら嫌われてしまうかも・・。」
健康を守りたいけれど、毎日体全体を触るのは限界がありますよね。
まずは見てわかる範囲の異常を、とり村の村民から一緒に勉強しませんか?
?

お申し込み方法

●お申込み方法:メール、FAX、またはお電話。
        下記、必要事項をご入力(ご記入)の上、お申し
        込みください。
       【メール・FAX】
   件名に、「第○回愛鳥塾」と、必ずご記載ください。

●必要事項:1)お名前
      2)お名前のふりがな
      3)会員No. (TSUBASA会員様の場合)
      4)ご連絡先
      5)E-mailアドレス
      6)ご参加希望の愛鳥塾のタイトル
      7)ご参加希望の愛鳥塾のお日にち
      9)柳瀬川駅(東武東上線)からの送迎ご希望の有無

       時間:10:00、11:00、12:00

       二階の見学時間は10:00~13:00となっております。
       愛鳥塾開始までの間、ぜひご見学下さいませ。

●お申し込み先:
       メール: tsubasa0615@gmail.com
       FAX: 048-480-6078
  TEL: 048-480-6077 (受付時間:13:00~17:00)

●参加費のお支払い:
       当日お支払い。


暑さに負けず、水分補給を十分に摂っていただきながら、元気に
お過ごしください。
皆様のご参加をお待ちいたしております!
[PR]



by soushi914 | 2011-07-17 19:06 | 愛鳥塾

ABiCo (Asia Birds Convention)開催のご案内

こんにちは。
暑い日が続いておりますが、皆様お元気にお過ごしでしょうか。

2011年度、シンポジウムに続いてTSUBASAのビッグイベント、
その名も「ABiCo ~Asia Birds Convention~」のご案内をさせて
いただきます。

「ABiCoって何?」

ABiCoとは、「Asia Birds Convention」の頭文字+αからとった
ものです。会場となる、千葉県我孫子(あびこ)市にちなんだ名前で
もあり、また、将来的には、現在スペインで行われている世界オウム
会議規模のイベントを4年に1回、日本でも開催していけたらいいな
という想いから、“Asia”の文字をイベント名に盛り込みました。
ABiCoでは、野鳥部門、そして飼鳥部門を代表する著名な方々の貴重
な講演が聴ける場です。

「なぜ、我孫子で? ABiCoの趣旨は?」
今年、初めての試みとなる「ABiCo ~Asia Birds Convention~」。
ジャパンバードフェスティバル2011(千葉県我孫子市主催)の
ご協力を得て開催する運びとなりました。ジャパンバードフェステ
ィバル(Japan Bird Festival / 略称:JBF)は、千葉県我孫子市
手賀沼周辺にて行われる、鳥をテーマにした日本最大級のイベントで
あり、2001年11月から毎年開催されてきました。
JBFでは、
「鳥を自然を愛する人たちが、一堂に会する、年に一度のお祭り」
と謳われています。
ここで言う「鳥」とは、「野鳥」のことです。TSUBASAは飼い鳥の
保護団体なのになぜJBFと?と、首を傾げる方もいらっしゃるで
しょう。
TSUBASAの理念は、「人・鳥・社会の幸せのために」です。
我孫子市は毎年、地域社会と連携し、ジャパンバードフェスティバル
を成功裏に収めており、その実績は学ぶところも多く、野鳥と野鳥を
とりまく自然保護活動にも力を入れている市です。これまでの活動
に加えて、今度は飼い鳥という観点にも着目していただき、同じ鳥を
愛する気持ちを共有し、それが動物愛護に発展していけるのではない
かという想いから、この度、我孫子市で開催させていただきたいと
いう想いに繋がり、ジャパンバードフェスティバル事務局様のご協力
を得て、実現に至った次第です。

一人一人が連携し、社会を築き上げていくことの大切さ、そして社会
の協力なしでは、野鳥の保護活動、それをとりまく自然保護活動は
成り立たないと考えます。飼い鳥は飼養下で暮らす生き物ではあり
ますが、野鳥も飼い鳥も区別することなく、鳥を愛する心を養い、
その精神を育む場として我孫子市で開催できることは、飼い鳥しか
知らない愛鳥家の皆さんに野鳥の魅力を知ってもらうと同時に、野鳥
にしか関心のない愛鳥家の皆さんにとっては飼い鳥の素晴らしさを
知っていただくことは、両者にとってメリットであると考えていま
す。このような想いから、千葉県我孫子市において、そしてジャパン
バードフェスティバル開催日と併せて「ABiCo ~Asia Birds
Convention~」を開催する運びとなりました。
ABiCoへのご参加はもちろんですが、ぜひとも、ジャパンバードフェ
スティバルにも足を運んでいただけましたら、幸いです。
「ABiCo ~Asia Birds Convention~」開催に際し、お力添えいただ
いておりますジャパンバードフェスティバル事務局様には、この場を
お借りして改めてお礼申し上げます。


「一度で二度おいしい?こんな楽しみ方はいかが?」

ジャパンバードフェスティバル会場と、ABiCo会場はバスで
約10分弱ほどの距離です。ABiCoの講演の合間に、ジャパン
バードフェスティバルを満喫していただけることも可能です。
もしくは、10月22日(土)は、朝から夕方までジャパン
バードフェスティバルを満喫していただき、翌23日(日)は、
ABiCoにおきまして、普段なかなかお話を聴く機会がない、
野鳥関係のお話にも耳を傾けてはいかがでしょうか。

「4年振りに会えます!」

アメリカ最大のレスキュー団体ガブリエル財団主宰のJulie
Murad氏が来日いたします。そして、同じくガブリエル財団
役員メンバーのShauna Roberts氏も来日し、講演をして
いただけます。
TSUBASA設立のモデルとなったガブリエル財団主宰と、この機会
にお話をされてみてはいかがでしょうか。

「とりッずが我孫子に登場!」

6月に開催いたしました大阪でのシンポジウムの際は、鳥さん
モチーフ作品の展示販売会、とりッずフェア in 関西も同時
開催いたしましたが、関東にお住まいの方は悔しい想いをされた
のではないでしょうか。
そんな方々にとって朗報です。
今度は我孫子市でとりッずフェアを開催いたします。素敵な
鳥さんグッズをぜひ手に入れてくださいね。

ABiCo ~ Asia Birds Convention ~ 概要?
●日時 2011年10月23日(日) 
     11:00~17:00(予定)
    ※ジャパンバードフェスティバル2011 
     10月22日(土)、23日(日)開催
     http://www.birdfesta.net/

●会場:アビイクオーレ
     所在地:千葉県我孫子市本町3-2-28
         http://www.abbycuore.com/pc/index.html

●募集人数 150名
      お申込み受付は、先着順とさせていただきます。
      定員に達し次第、締め切らせていただきます。
●講演者
   野鳥部門?

      ●杉森 文夫 氏
         山階鳥類研究所広報室長
         我孫子市鳥の博物館館長
         JBF実行委員長(初代)
         日本鳥類保護連盟調査室長(現在所属機関)
         JBF実行委員会顧問(現在)
      ●皆川 康雄 氏
         野生動物ボランティアセンター所長      
         NPO法人野生動物救護獣医師協会副会長

   飼鳥部門?

     ●眞田 直子 先生 
         小鳥の病院 BIRD HOUSE院長
      ●Julie Murad氏  ガブリエル財団主催・代表

      ●Shauna Roberts氏 ガブリエル財団役員

●構成
(内容に変更が生じる場合がございます。あらかじめ
 ご了承願います)

 ≪午前の部≫ 11:00~12:30
        【飼鳥部門】Shauna Roberts
        【野鳥部門】皆川 康雄 氏

 ≪午後の部≫ 14:20~17:20
        【飼鳥部門】眞田 直子 先生
              Julie Murad氏
        【野鳥部門】杉森 文夫 氏
 
 講演タイトル・要旨は決まり次第、随時掲載してまいります。
 最後に社団法人TSUBASA代表理事松本壯志による出版記念講演を
 予定しております。

●とりッずフェア in 我孫子 同時開催

場所:イトーヨーカドー1階出入り口付近
    *イトーヨーカドー3階が、講演会会場(ABiCo開催会場)
     となります。
 時間:10:00~16:00(予定)

●参加費 

  【前売り入場券をご購入の場合】

     ●1講演につき   1,000円
     *講演が終了ごとに入れ替えを行います。
     *お座席は会場中央部から後方部にかけてとなります。

   ●5講演(全講演) 4,000円

    *講演が終了ごとの入れ替えはございません。
     *お座席は会場前方部分で演者の近くで聴講することが
 できます。
     *ABiCo開催の記念品をプレゼント。

  【当日、入場券をご購入の場合】

     ● 1,000円/1講演 × 講演数 + 500円(当日受付手数料)

    例:2講演を聴講ご希望の場合;
1,000円/1講演×2(講演数)+500円(当日受付手数料)
=2,500円

     *講演が終了ごとに入れ替えを行います。
     *お座席は、会場中央部から後方部にかけてとなります
     *事前の参加お申し込み人数によっては、ご参加できない
場合や、立見席となる場合もございますので、
あらかじめご了承願います。

・参加費の内10%を、震災に遭い、TSUBASAで保護している
鳥たちのために、そして、動物たちのために支援団体に寄付
 させていただきます。

・参加費は、事前に指定口座へのお振込みをお願いいたします。

※事前にお申し込みいただいた方の中で、当日のお支払となった
 方におかれましては、参加費に加えて当日支払い手数料500円を
 プラスさせていただいた額をもらいうけます。

・参加費のお振込みを確認した時点で、正式なお申込み受付とさせて
 いただきます。

・参加費のお振込手数料については、恐れ入りますがお申込みいた
 だいた方においてご負担願います。

・参加費お振込み確認後、ご入場券を送付いたします。
 (8月に入ってから送付を開始いたします)

※キャンセルポリシー:
 お振込み後、ご都合によりシンポジウムに止むを得ずご参加
 いただけなくなった場合、事務局までご連絡ください。
 以下の規定に基づき、料金を払い戻しさせていただきます。
 開催日から逆算(土日・祝祭日を含む)して、 お振込み後;
 10月18日までにキャンセルのご連絡をいただいた場合
   参加費の全額をご返金

ABiCo開催 3 日前~ 4 日前( 10/19 ・ 20 付け)での
 キャンセルのご連絡:
   参加費の30%をご返金

 ABiCo開催 2日前~ 当日( 10/21 ・ 22 ・ 23 付け)
 でのキャンセルのご連絡:
   参加費の払い戻しはいたしかねます

なお、ご返金の際は振り込み手数料を差し引いた額とさせていた
だきます旨、ご了承願います。      

●お座席と入れ替え制についてお願い

・全講演(5講演)にお申込みいただいた方のお座席は、会場前方と
 なります。入れ替え制はございません。

・全講演(5講演)以外にお申込みいただいた場合、恐れ入ります
 が、1講演が終了いたしましたら、一旦会場からご退場いただき、
 改めて受付をさせていただくこととなりますので、あらかじめ
 ご了承ください。

●お申込み方法

 下記URLより、申し込み専用フォームからお申し込みください。
 http://www.tsubasa.ne.jp/Mac/TSUBASA/ABiCo.html

●お申し込みの流れ

 1)申込みフォームに必要事項をご入力の上、送信

 2)自動返信メールが、ご登録いただいたメールアドレスに
   届きます。

 3)お申し込みフォーム送信後、3日以内にお振り込み先を
   ご案内。

 4)参加費のお振り込み確認がとれましたら、ご入場券を
   郵送にて送付。
   ※ご入場券の送付は、8月に入ってから随時発送となります。

●お申し込み開始日
   2011年度TSUBASA会員 2011年7月20日(水)正午
   一般の方       2011年7月23日(土)


皆様のご参加を、心よりお待ちいたしております。
[PR]



by soushi914 | 2011-07-16 20:00 | TSUBASA

愛鳥さんの写真大募集!!

愛鳥家の皆さん、こんにちは!

今まで雑誌への掲載や、インコの本の監修などがありました。
また単行本では共同執筆がありましたが、1冊まるごとの本はありませんでした。
たぶん関係者の方からみて、一冊の本を書けるだけの力量がなかったと思います。

でも、ありがたいことに、このたび念願のコンパニオンバードの単行本を出版する
ことになりました。
タイトルは未定ですが、私にとっては最初で最後の本という気持ちで臨みます。
渾身の一冊になるでしょう。

そこで皆様に是非ともご協力をお願いしたいことがあります。

当然のことながら、本の中で鳥さんの写真を掲載します。
今まではTSUBASAの施設などで、鳥さんに同伴していただき撮影会を行いました。
この場合は鳥さんを連れて来られる方はいいのですが、ご遠方の方などには無理が
ありました。
そこで今回は皆様から、鳥さんの写真を募集したいと思います。
募集するにあたっていくつかのお願いがございますので、以下の内容をご覧いただき、
奮ってご応募いただけたら嬉しいです。

●どんな写真が欲しい?
 1.執筆している本の内容に応じた写真が欲しいと思っています。
   また、期日までに間に合えば、これから撮影されても大丈夫です。
   応募いただいた中から、内容に相応しい写真を掲載させていただきます。
   なお、執筆内容は今の段階ではご案内できませんのでご容赦ください。

 2.人と鳥が一緒に暮らしてる雰囲気が伝わる写真が欲しいです。
   鳥さんの図鑑ではありませんので、種類や品種より人とのスキンシップが
   強調されたり、写っていなくても人を感じされるような写真です。

それでは、その内容をご案内します。
かなり抽象的に感じるかもしれません。
主観で結構です。鳥さんと暮らしていて、以下の内容のどれかひとつでも、
そう感じた写真があれば是非ご応募願います。

・笑顔
・笑う
・怒る
・得意満面
・びっくり
・喜ぶ/嬉しい
・がっかり
・悲しい
・照れる
・泣く(鳴くではありません)
・八つ当たり
・邪魔をする
・楽しい外出
・他の鳥さんとの交流
・音楽大好き
・好奇心旺盛
・咬む
・毛引き
・母性愛
・ラブラブ
・遊ぶ
・旅行
・乗り物(車、電車、バスなど)
・泣き叫ぶ
・おしゃべり中
・美味しい
・まずい
・得意なポーズ
・日光浴
・その他(以上に該当しない)

●ご注意していただきたいこと
・画像は未発表のオリジナルに限ります。
・著作権や肖像権などの侵害にはご注意下さい。
・画像は不特定多数に公開されます。
・画像の紹介として、飼い主さんのお名前(ハンドル名可)や鳥さんの名前を
 記載します。
・画像の著作権は出版社に帰属します。

●写真(画像)の形式をご説明します。
・画像の形式 :BMP、PNG、JPEG形式
       (それ以外の形式は無効)
・画像の大きさ:長辺840ピクセル×短辺560ピクセル
       (向きはタテ・ヨコ自由)
・ファイル容量:メールに添付するサイズは1.0MB以下でお願いします。
        (写真の解像度が大きすぎるとメールで送れませんので)

*採用が決まりましたら、解像度の大きい画像を送っていただくことに
 なります。
 (解像度の大きい写真を撮影し、メールで送れるサイズに縮小願います)
 お手数ですがよろしくお願いいたします。

●写真の選考
・いただいた写真は出版社編集会議で選考させていただきます。
・選考の内容のお問い合わせにつきましては公表できませんので
 何とぞご了承願います。

●採用された写真とされなかった場合
・採用された方には、掲載された本を贈呈させていただきます。
・残念ながら採用されなかった方には、記念品を送らせていただきます。

●応募条件
・お一人様3枚以下でお願いします。
・応募数が少ないとき、もしくは内容に相応しい写真が集まらないときは
 追加募集を行います。

●募集期間
・募集期間:7月10日〜7月18日

●メールの記載事項と送り先
・メールのタイトルには「写真」とご記入願います。
・本文に以下の内容をご記入願います。
 1.お名前(本名)
 2.郵便番号
 3.ご住所
 4.電話番号(携帯)
 5.鳥さんの種類と愛称
 6.掲載されてもいい名前(本名の場合は記載不要)
 7.写真の説明(例:笑っている、など)
 8.鳥さんの特徴、仕草、得意なこと、その他

・送り先メールアドレス
 tsubasa0615@gmail.com

何かご不明な点がございましたら遠慮なくお問い合わせ願います。

現在執筆中の本は、TSUBASAの理念である「人、鳥、社会の幸せのため」に
長年あたためてきた企画です。
私の力不足な筆力と、愛鳥家の皆様の素敵な鳥さんのお力をお貸し
いただけたら幸いです。
何とぞご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

(社)TSUBASA 松本壯志
[PR]



by soushi914 | 2011-07-07 07:00 | 飼い鳥に愛されるためのヒント

TSUBASAとCAP!の活動と管理人の日常をご紹介します。
by soushi914
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

メモ帳

検索

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧