人・鳥・社会の幸せのために

<   2010年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧




定員に達しましたが、、、、(TSUBASAセミナー)

9月20日(月・祝)に開催します第1回TSUBASAセミナーですが
先日、40名の定員に達しました。
本来であればここで締め切らせていただくのですが、お申し込みが
継続していましたので、会場を確認しましたらもう少し広い会場に
変更することができました。

そこであと追加で30名様ほど追加募集させていただきます。
今度は追加ができませんので、参加をご検討されていらっしゃる方は
お早めにお申込みいただければ幸いです。

開催要項、募集要項は次の通りです。

●日時:2010年9月20日(月・祝日)12:50~16:20

●会場:国立オリンピック記念青少年総合センター
    http://nyc.niye.go.jp/

●講師:青木 愛弓 先生
   (行動コンサルタント、
    「インコのしつけ教室 応用行動分析学でインコと仲良く暮らす」
    著者)
   海老沢 和荘先生(横浜小鳥の病院 院長)

●受講対象:・一般愛鳥家
      ・獣医師
      ・看護士
      ・専門学校生、獣医学生
      ・業界関係者

●定 員:追加30名様
    (先着順に受付し、定員になり次第締め切らせていただきます。)

●受講料:5,000円
    ・本セミナー受講料は、事前に指定口座へのお振込みをお願い
     いたします。
     受講料のお振込みを確認した時点で、正式なお申込み受付と
     させていただきます。
    ・受講料の振込手数料については、恐れ入りますが受講者において
     ご負担願います。
    ・受講料お振込み確認後、受講券を送付いたします。

 ※キャンセルポリシー:
  お振込み後、ご都合によりセミナーに止むを得ずご参加いただけなく
  なった場合、事務局までご連絡ください。以下の規定に基づき、料金を
  払い戻しさせていただきます。
  開催日から逆算(土日・祝祭日を含む)して、
  お振込み後;
  セミナー9月15日までにキャンセルのご連絡をいただいた場合:
      受講料の全額をご返金
  セミナー3日前~4日前(9/16・17付け)でのキャンセルご連絡:
      受講料の30%をご返金
  セミナー当日~2日前(9/18・19・20付け)でのキャンセルご連絡:
      受講料の払い戻しはいたしかねます。
  なお、ご返金の際は振り込み手数料を差し引いた額とさせていただき
  ます旨、ご了承願います。

●申込み方法:TSUBASAホームページ
      http://www.tsubasa.ne.jp/seminar/seminar_001.html
      から、専用申込みフォームよりお申込みください。
      ※お申込み登録後、3日以内に受講料のお振込先をご案内いた
      します。

●講義スケジュール

12:10 会場受付開始
12:50 開会の挨拶
13:00 「いつか里親になるためのペアレント・トレーニング」
      青木 愛弓 先生
      (「インコのしつけ教室 応用行動分析学でインコと仲良く
       暮らす」著者)
      講義内容:問題行動で手放されたり、捨てられたりした特別な
      ニーズを持った鳥たちを家族に迎えるためには、「親」となる
      飼い主さんが鳥を上手に教える技術をもつことが必要です。
      気長に待つことは正しいのか。すべてを受け入れるべきなのか
      など、科学的な教育メソッドをもとにお話ししたいと思いま
      す。里親になりたい方はもちろん、ためらっている方も、里子
      をお迎えするつもりはない鳥飼さんにも役に立つ内容です。

14:30 休  憩
14:45 「飼い鳥の臨床手技」
       海老沢 和荘先生(横浜小鳥の病院 院長)
      講義内容:鳥を診察するには、様々な“コツ”が必要です。
      小さく、デリケートな動物である鳥を、いかに負担を少なくし
      て診察を行えるかが、鳥の獣医師の必須条件となります。本講
      演では、保定や身体検査、爪切りを始め、注射や強制給餌、
      普段見ることができないレントゲン撮影や採血など、様々な
      臨床手技を紹介します。捕まれたり、検査することが負担に
      ならないか心配されている飼い主さんも多いと思います。臨床
      手技を知ることによって少しでも飼い主さんの不安が取り除け
      れば幸いです。

16:15 閉会の挨拶
16:20 閉  会

※内容に変更が生じる場合もありますので、予めご了承願います。

ご不明な点がございましたら下記までお問い合わせ願います。
tsubasa@cap.ne.jp または048-480-6077

愛鳥家の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

TSUBASA 代表 松本壯志

=====

●TSUBASAの予定
 ・9月20日(月)第1回TSUBASAセミナー(ご案内中)
・10月31日 第16回愛鳥塾 in 名古屋(ご案内中)
 ・11月3日(水)第2回TSUBASAセミナー(後日ご案内)

PS
ツイッターをはじめました。
http://twitter.com/soushi914

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
TSUBASAの活動を、多くの愛鳥家の方に知っていただくため、
下記のバナーをクリックしていただければ嬉しいです。
にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
[PR]



by soushi914 | 2010-07-31 14:41 | TSUBASAセミナー

支援のご報告(46羽のセキセイ)

こんばんは!!

遺棄された46羽のセキセイインコの支援のご報告です。

本日(16:50)現在で48名様:合計44万円の
お振込みがございました。
たくさんの方からの多額の募金に驚きと感謝の気持ちで
いっぱいです。
また、他にもマスクの寄付や施設でのお手伝いの申し出
などをいただきました。
そして、私たちスタッフに温かい応援と労いの言葉を
いただきました。ほんとうにありがたいです。

心から感謝申し上げます。

PS
このことがきっかけでツイッターを始めました。
状況を随時お伝えしていきます。
http://twitter.com/soushi914
[PR]



by soushi914 | 2010-07-28 21:18 | レスキュー

遺棄された46羽のセキセイ(3)

こんにちは!!

今日も猛暑ですね。暑いので鳥さんも皆さんも
くれぐれも気をつけてくださいね。

さて、TSUBASAスタッフの涌井が動物施設に行きまして、
47羽のインコ(1羽死亡)が入っていたケージの写真を
撮影してきましたので掲載します。

サイズは約40cm×40cm×100cm(高さ)です。

このサイズに47羽、、、、言葉がありません。
a0058941_14422971.jpg

PS
このことがきっかけでツイッターを始めました。
状況を随時お伝えしていきます。
http://twitter.com/soushi914
[PR]



by soushi914 | 2010-07-28 14:43 | レスキュー

皆様のご支援をお願いします!

TSUBASAでは46羽のセキセイインコの受け入れの
ために下記の費用を必要としています。

・健康診断や検査(糞便、そのう検査、その他の健康診断)
・クラミジア、PBFDの遺伝子検査
・臨時検疫室ために取り付けたエアコン
・お世話をするためのケージ類、おもちゃ、食事など

45日間(順調の場合)の検疫期間に必要な経費(実費)は
推定50万円以上はかかる思われます。
この費用にTSUBASAスタッフの人件費やご協力いただける
獣医の先生方の費用は含まれていません。

検疫期間中の病気が見つかったり、発生したりすると
検疫期間も伸び、さらに経費も上乗せされます。

本来であれば、遺棄した飼い主を捜し出し、全額費用を
徴収しなくてはなりません。
しかし、残念ながらまだ飼い主は見つかっていません。

先日、ガブリエル財団のレスキューのことで皆様から
多額の募金をいただきました。
非常に心苦しいお願いですが、今回は46羽のセキセイのために
皆様からのご支援を賜りたくお願い申し上げる次第です。

皆様ができることで結構です。
募金以外にも、支援してくださる方法がございます。

46羽のセキセイの検疫はたいへんな作業です。
オウム病などのリスクを覚悟でハイリスクな空間で
作業しなくてはなりません。
そのため検疫は必ずスタッフがやりますが、施設の鳥たちを
お世話する人が足りなくなってしまいます。
ご支援として、一緒に汗を流してくださる方も大歓迎です。
通うことが難しい場合は、松本家に宿泊することもできます。
宿泊料はもちろん無料です(ただし、女性一人は不可)。

また、日本でもこのような悲惨な事があったということを
多くの方にお知らせしていただくことも重要です。
遺棄した飼い主を見つけることに繋がるかもしれないし、
同じようなことを真似しないためにも必要です。


なお、募金してくださる方は下記までお願いします。

【46羽のセキセイへの支援金振込先】?

■振込先

 口座名義:シヤ)ツバサ (ご注意:「ヤ」は大文字です)
   
 ※ぱるる (ゆうちょ銀行の口座)
 
 【記号】 10360
 【番号】 82919311

 ※他金融機関から振込みされる場合

 【店名】 0三八 (ご注意:読みは「ゼロサンハチ」です)
 【店番】 038
 【預金種目】 普通預金
 【口座番号】 8291931 
 (ご注意:下一桁が異なります:「1」がありません)


「Turn Your Compassion into Action」
(あなたの思いを行動に変えて)

皆さまからのご支援を心よりお願い申し上げます。

               (社)TSUBASA 松本 壯志

PS
このことがきっかけでツイッターを始めました。
状況を随時お伝えしていきます。
http://twitter.com/soushi914
[PR]



by soushi914 | 2010-07-27 15:52 | レスキュー

遺棄された46羽のセキセイ(2)

遺棄された47羽(1羽すでに死亡)のセキセイインコの続報です。

遺棄されたセキセイは3つの大変な状況を過ごしていました。

1.まず40cm×40cm×100cm(高さ)のケージに47羽が
  入れられていた。
2.過密状態の中で、夜中から朝にかけて遺棄されたとはいえ
  真夏日に放置されていた。
3.動物施設の玄関脇に置かれていたそうですが、たぶん
  野生の猫や野良猫が襲ってきたと思わる。
  (千葉CAKでたくさんの野生&野良猫を目撃した経験から)

こんなたいへんな状況をくぐり抜けてきたセキセイインコを
早く安心できる環境を提供したいと思います。

しかし、、、、

TSUBASAでは臨時の検疫室を作り、いつでも受け入れできる
準備をしていました。
松本家のバルコニーには新たにエアコンを入れました。
(仕事部屋にはエアコンはありません、、、涙)
しかし、警察や動物施設との手続きの関係で、引き取り日が
なかなか決まりません。

その間、私たちにできることはないのか。

獣医さんに相談しました。

そうだ、検便をしよう!

ということで、早速スタッフの涌井が早朝、動物施設に行きました。

検便は個体別に採取するのが理想ですが、現状ではできません。
そこで、新鮮な便を採取するために、その場に待機し、
便をしたら採取することを繰り返すしかありません。
採取した便は保冷庫に一時保存し、クール便で検査機関に送る
という段取りです。

地道な作業ですが、もし、46羽の中で、オウム病を患っていたり、
拝菌していたらスタッフの健康も心配です。
オウム病もPBFDも陰性であることを願うしかありません。

でも、すべて陰性であったとしても、46羽もいれば、誰かしら
具合の悪い子がいることは覚悟しなくてはならないですね。
[PR]



by soushi914 | 2010-07-27 15:08 | レスキュー

名古屋開催:愛鳥塾の開催要項

おはようございます。

ついに、東海地区でTSUBASAのイベント「愛鳥塾 in 名古屋」を開催する
こととなりました。
これまで愛鳥塾は、東京、千葉市、長野県飯田市、福岡市、京都市、
大阪市、札幌市と開催してまいりましたが、東海地区にお住まいの愛鳥家
さまたちからの熱いご要望にお応えして、10月31日(日)に開催いた
します。

愛鳥塾とは・・・
TSUBASAの理念である「人、鳥、社会の幸せ」のために、愛鳥家の皆様と
楽しく勉強し、さらには交流の場としても活用していただければと
思っています。
愛鳥塾の参加費の収益はTSUBASAの運営のために使わせていただきます。

東海地区にお住まいの愛鳥家さまはもちろんですが、東海地区近隣に
お住まいの愛鳥家さまたちも、この機会にぜひご参加いただけましたら、
嬉しいです。

==========

【第16回愛鳥塾 in 名古屋 開催要項】

●日時:2010年10月31日(日)13:00~16:00

●プログラム

 12:20 会場受付開始

 13:00 開会の挨拶

 13:10 「コンパニオンバードの素晴らしさと難しさ」
        TSUBASA代表 松本壯志

        愛鳥塾では定番の講義です。ただし、毎回内容が進化して
        いますので乞うご期待を。

 13:40 みずひろ小鳥の診療所 獣医師 浅井さつき先生

        講義内容は、後日、ご案内いたします。

 14:20 休 憩

 14:30 トークセッション

        あらかじめいただいたご質問をもとに、対談形式で
        進めてまいります。

 14:50 「人・鳥・社会の幸せのために」
        TSUBASA代表 松本壯志

 15:30 プレゼント & じゃんけん大会

 15:50 閉会の挨拶
 
 16:00 閉 会
 
 ※プログラムのお時間や内容に変更が生じる場合もありますので、
  予めご了承ください。

●会場:名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール) 第2会議室
     〒464-0856 名古屋市千種区吹上二丁目6番3号

   周辺地図:
   http://www.u-net.city.nagoya.jp/fukiage/sub/access.html

   公共の交通機関のご案内:
   地下鉄桜通線「吹上駅」下車 5番出口より徒歩5分
    
   高速道路のご案内:
   http://www.u-net.city.nagoya.jp/fukiage/sub/highway.html

●参加費:3,000円
    ・参加費は事前にお支払いをお願いいたします。
    ・誠に恐れ入りますが、お振込手数料はご参加いただく方に
     おきましてご負担願います。

●定員:35名
    先着順に受け付けさせていただきます。
    定員になりましたら締め切らせていただきますので、
     何卒ご了承願います。

●お申し込み方法:     
TSUBASA会員様:本日から受け付け開始     
一般の方   :7月29日(木)から受け付け開始     

1)メールの件名に

  「第16回愛鳥塾」     
 
 と記載願います。     
    
2)本文には下記を記載願います。     
 (a)お名前(参加される方全員)     
 (b) ご住所   
 (c)電話番号(連絡がとれる番号)     
 (d)メールアドレス(送ってきたメールと違う場合)     

3)お申込みメールアドレス     

 tsubasa0615@gmail.com    

4)お申込みをいただきましたら2日以内に参加費のお振込み先を
  ご案内させていただきます。   
 
5)ご入金の確認がとれましたら、受講券を郵送させていただきます。  

==========

皆さまのご参加を心よりお待ちいたしております。
名古屋でお会いできる日を楽しみにしております。


●TSUBASAの予定
 ・7月25日(日)第15回愛鳥塾(定員に達しました)
 ・9月20日(月・祝)第1回TSUBASAセミナー(お申込み受付中)
       http://tsubasa.wablog.com/502.html
 ・10月31日 愛鳥塾in名古屋開催
       ・TSUBASA会員:7月26日(月)受付開始
       ・一般の方:  7月29日(水)受付開始 
 ・11月3日(水・祝)第2回TSUBASAセミナー(近日ご案内)

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。
[PR]



by soushi914 | 2010-07-26 09:36 | 愛鳥塾

遺棄された46羽のセキセイ(1)

先日、速報でご案内しましたセキセイインコ46羽について
少し事情がわかってきましたのでご報告致します。

・7/20 関東地区にある動物施設の玄関エントランスに
 40×40×100のケージが1個置かれてありました。
・そのケージの中に47羽のセキセイインコいたそうです。
・残念ながらその内1羽は死亡。

想像を絶するケージの中の過密と、夜から朝にかけてとはいえ、この真夏日に
このようなことをする飼い主に憤りを覚えます。

現在はその動物施設に保護されています。
しかし、前号にも書きましたように、ここでは受け入れを
することができないと言われました。
環境や飼い方がすばらしいので、とても残念です。

TSUBASAでは、この猛暑の中で検疫できる施設がありませんでした。
スタッフ皆で話し合い、下記の対策をすることになりました。

検疫場所:CAK内にある松本家の1階バルコニー
     ここは営業部長タローの住居でした。
     夏以外に検疫に使ったことがあります。
     ここは水道もあり、四方を囲っています。
     
検疫対策:囲っているために中は異常に暑い。
     昨日、エアコンを購入し設置。
     現在、室温の変化をモニタし、温度が安定するように
     悪戦苦闘している段階です。

検疫室の室温が安定したらセキセイインコ46羽をまとめて
受け入れます。
(たぶんあと2、3日くらいで)

昨日、警察から電話があったそうです。
警察からは、鳥たちのために何もできないと。
つまり鳥をお世話するお金は出せませんということです。
私たちはそんなことより、警察にお願いしたいことは、
47羽の罪のない鳥たちをこの猛暑に中、狭いケージに
遺棄した飼い主を特定し、罪を償ってほしいということです。

皆さんにも情報をお願いします。
今の段階でどこまで情報を公開していいかわかりませんが、
関東地区で47羽のセキセイインコを飼っていた飼い主に
心当たりがある方は、TSUBASAまでお知らせ願います。

どうぞよろしくお願いします。

tsubasa0615@gmail.com
[PR]



by soushi914 | 2010-07-24 17:09 | レスキュー

【速報】47羽のインコが遺棄される

こんばんは。

ガブリエル財団が40数羽のマコウを中心としたレスキュー活動から約半年。
日本も「対岸の火事」ではありませんでした。

一昨日(7/20)、警察、動物病院から連絡がありました。

関東のある動物施設に47羽の鳥が遺棄されていたという連絡
連絡をくれた警察に鳥の種類を確認するが不明
動物病院と連携するが、この時点ではセキセイインコかカナリアとのこと
現時点において2週間ほど、「ある方」が鳥を預かるとのこと

この情報をもとに、TSUBASAとして検疫室などの緊急対応策を
いくつか用意しました。

昨日(7/21)
警察に再度確認するが鳥の種類不明
預かっている「ある方」が遺棄された動物施設であることが判明
TSUBASAスタッフ(涌井)がその動物施設へ
セキセイインコであることがようやく判明
47羽中1羽がすでに死亡していた
生存している46羽については外見上、体調が悪そうな子はいない
詳細を知っているこの動物施設の担当者が不在のため、
明後日(7/23)に問い合わせる

以上が概略です。
たぶん、?マークがいっぱいだと思います。私もそうです。
詳細はわかり次第、ご報告します。

TSUBASAでは一日も早く受け入れできる体制を作っています。
実はこの数週間の間に、総数13羽の鳥の受け入れを準備していました。
この猛暑に中、検疫する場所はCAKにはありません。
13羽の段階では、新座TSSを閉鎖し、商品をすべて移動した上で
バードランで検疫することも考えていました。
しかし、46羽の飼い主不明のインコを新座TSSに受け入れる事は
とても危険です.
もし、受け入れるとすればTSSの2Fに居るTSUBASAの鳥も移動
しなくてはなりません。
すべて受け入れると59羽になります。
(13羽の飼い主さんたちは誠意ある方です)

涌井の話では、この動物施設は非常に環境がよくて、食事、水、
清掃も申し分ないそうです。
ここに2週間といわず、規定の45日間検疫をしてもらえないか
相談しましたらNGでした。

その理由は、
遺棄した飼い主は必ずこの動物施設を見に来る。
そこに自分のインコがいたら、再び同じ事をする可能性がある。
その飼い主ではなくても、飼えなくなった鳥を、この動物施設に
遺棄すれば、お世話してくれるのでキリがないとのこと。

なるほど、、、、とは思いつつ複雑な心境です。
いずれにしても、遺棄した飼い主はどんな事情があろうとも、
こんなことをしてはなりません。

「動物の愛護及び管理に関する法律」にこう書かれています。

第六章 罰則

第四十四条 愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、
一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
2 愛護動物に対し、みだりに給餌又は給水をやめることにより
衰弱させる等の虐待を行つた者は、五十万円以下の罰金に処する。
3 愛護動物を遺棄した者は、五十万円以下の罰金に処する。
4 前三項において「愛護動物」とは、次の各号に掲げる動物をいう。
一 牛、馬、豚、めん羊、やぎ、犬、ねこ、いえうさぎ、鶏、
いえばと及びあひる
二 前号に掲げるものを除くほか、人が占有している動物で哺乳類、
鳥類又は爬虫類に属するもの

速やかな行政による処分をお願いし、亡くなった1羽のインコへの
供養と46羽の責任を果たして欲しいと願います。

残念ながら遺棄した飼い主は特定されていません。
a0058941_2142885.jpg

[PR]



by soushi914 | 2010-07-22 21:06 | レスキュー

第1回 TSUBASAセミナー受付中

こんにちは!

この度、本格的な勉強の場として第1回TSUBASAセミナーを
執り行うこととなりました。
本セミナーでは飼鳥についてより深く、より幅広い知識を学びたい方を
対象としております。

ちなみにTSUBASAセミナーは愛鳥塾やシンポジウムそしてフォーラムと
どう違うの? と思われるかもしれませんので、簡単にご説明します。

愛鳥塾:入門、初級、中級クラスの方を対象
シンポジウム:初級、中級クラスの方を対象
フォーラム:会員様優先、中級クラスを対象

そしてTSUBASAセミナーですが、、、、

ずばり、中級、上級クラスの方を対象にしています。
たぶん内容は高度で難解かもしれません。でも、その難しい内容を
きっとわかりやすく講義してくださる先生方です。

でも、「私は初級だから、、、」とか「鳥はわからない」と思われている方。

講義を受けてみると、スイスイ頭に入りかもしれません。
だって、大事な鳥さんのことです。
きっと「勉強になった!」と思われると信じています。

このような機会はめったにありません。ぜひご参加くださいね。

開催要項、募集要項は次の通りです。

●日時:2010年9月20日(月・祝日)12:50~16:20

●会場:国立オリンピック記念青少年総合センター
    http://nyc.niye.go.jp/

●講師:青木 愛弓 先生
   (行動コンサルタント、
    「インコのしつけ教室 応用行動分析学でインコと仲良く暮らす」
    著者)
   海老沢 和荘先生(横浜小鳥の病院 院長)

●受講対象:・一般愛鳥家
      ・獣医師
      ・看護士
      ・専門学校生、獣医学生
      ・業界関係者

●定 員:40名
    (先着順に受付し、定員になり次第締め切らせていただきます。)

●受講料:5,000円
    ・本セミナー受講料は、事前に指定口座へのお振込みをお願い
     いたします。
     受講料のお振込みを確認した時点で、正式なお申込み受付と
     させていただきます。
    ・受講料の振込手数料については、恐れ入りますが受講者において
     ご負担願います。
    ・受講料お振込み確認後、受講券を送付いたします。

 ※キャンセルポリシー:
  お振込み後、ご都合によりセミナーに止むを得ずご参加いただけなく
  なった場合、事務局までご連絡ください。以下の規定に基づき、料金を
  払い戻しさせていただきます。
  開催日から逆算(土日・祝祭日を含む)して、
  お振込み後;
  セミナー9月15日までにキャンセルのご連絡をいただいた場合:
      受講料の全額をご返金
  セミナー3日前~4日前(9/16・17付け)でのキャンセルご連絡:
      受講料の30%をご返金
  セミナー当日~2日前(9/18・19・20付け)でのキャンセルご連絡:
      受講料の払い戻しはいたしかねます。
  なお、ご返金の際は振り込み手数料を差し引いた額とさせていただき
  ます旨、ご了承願います。

●申込み方法:TSUBASAホームページ
      http://www.tsubasa.ne.jp/seminar/seminar_001.html
      から、専用申込みフォームよりお申込みください。
      ※お申込み登録後、3日以内に受講料のお振込先をご案内いた
      します。

●講義スケジュール

12:10 会場受付開始
12:50 開会の挨拶
13:00 「いつか里親になるためのペアレント・トレーニング」
      青木 愛弓 先生
      (「インコのしつけ教室 応用行動分析学でインコと仲良く
       暮らす」著者)
      講義内容:問題行動で手放されたり、捨てられたりした特別な
      ニーズを持った鳥たちを家族に迎えるためには、「親」となる
      飼い主さんが鳥を上手に教える技術をもつことが必要です。
      気長に待つことは正しいのか。すべてを受け入れるべきなのか
      など、科学的な教育メソッドをもとにお話ししたいと思いま
      す。里親になりたい方はもちろん、ためらっている方も、里子
      をお迎えするつもりはない鳥飼さんにも役に立つ内容です。

14:30 休  憩
14:45 「飼い鳥の臨床手技」
       海老沢 和荘先生(横浜小鳥の病院 院長)
      講義内容:鳥を診察するには、様々な“コツ”が必要です。
      小さく、デリケートな動物である鳥を、いかに負担を少なくし
      て診察を行えるかが、鳥の獣医師の必須条件となります。本講
      演では、保定や身体検査、爪切りを始め、注射や強制給餌、
      普段見ることができないレントゲン撮影や採血など、様々な
      臨床手技を紹介します。捕まれたり、検査することが負担に
      ならないか心配されている飼い主さんも多いと思います。臨床
      手技を知ることによって少しでも飼い主さんの不安が取り除け
      れば幸いです。

16:15 閉会の挨拶
16:20 閉  会

※内容に変更が生じる場合もありますので、予めご了承願います。

ご不明な点がございましたら下記までお問い合わせ願います。
tsubasa@cap.ne.jp または048-480-6077

愛鳥家の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

TSUBASA 代表 松本壯志

=====

●TSUBASAの予定
 ・7月25日(日)第15回愛鳥塾(受付中)
 ・9月20日(月)第1回TSUBASAセミナー(案内中)
 ・10月31日 愛鳥塾in名古屋開催(受付準備中)
 ・11月3日(水)第2回TSUBASAセミナー(近日ご案内)

●Bird Deco フェルト教室の詳細はコチラご覧くださいませ。  
 
=====

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
TSUBASAの活動を、多くの愛鳥家の方に知っていただくため、
下記のバナーをクリックしていただければ嬉しいです。
にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
[PR]



by soushi914 | 2010-07-10 11:25 | TSUBASAセミナー

「鳥愛」いよいよ発売になりました。

「オリジナルのペレットが欲しい!!」

と想い続けて約13年が経ちました。

ようやくCAP!オリジナルのペレット(?)「鳥愛」が発売されることになりました。
a0058941_110289.gif

ペレットに(?)が付いているのは、まだ「ペレット」ではないからです。
「ペレット」の1歩手前くらいの段階という意味です。

「ペレット」は、これと飲み水さえ与えていれば何もいらないという
「完全栄養食」という意味です。
「完全栄養食」にするためには、情報がないというのが現状です。
当然ですが、他メーカーさんは教えてくれません。

でも、いろいろ調べていくと、こんなことがわかりました。
「ペットフードは80%の情報開示の義務がある」ということです。

それって、つまり20%は開示しなくてもいいということ??

恥ずかしながら、そのことを知ったのは一昨年でした。
それからオリジナルペレット開発のスピードが加速されたのは
いうまでもありません。

20%にどんな情報(良いか悪いか)かわかりませんが
私たちにできることに最善を尽くしました。
そして他メーカーさんのペレットと「鳥愛」の違いを作り出しました。
それが次の通りです。

・すべて日本国内で栽培された原材料を使用
・原材料は自然農法で栽培
・化学的な添加剤を不使用
・生産者の「顔」が見える
・100%情報開示
・3回農家に行ってお手伝いしました(あまり関係ないですね、、、)

などです。
まだまだ、「ペレット」ではありませんが、「ペレット」にするために
これかも最善を尽くしていきます。

なお、「鳥愛」の商品ページはコチラをご覧くださいませ。

商品ページにも書いてありますが、「鳥愛」は「ごはん」です。
おかずとして、野菜などの副食をしっかり与えてくださいね。

もし、お買い求めになり、「鳥愛」が到着したら、まず
最初にお願いしたことがあります。

それは、、、

鳥さんにあげる前に、皆さんご自身が試食してください。
「鳥愛」は、人間用の健康食品を作る会社で、製造しています。

鳥さんの前で見せびらかすと、意外に早く食べてくれるかも
しれませんね。

最後に「鳥愛」は皆さんの声と鳥さんの声をもとに、さらに
改善を加えていきます。
皆さんのご意見、ご感想をお待ちしています!!

=====

●TSUBASAの予定
 ・7月25日(日)第15回愛鳥塾(受付中)
 ・9月20日(月)第1回TSUBASAセミナー(案内中)
 ・10月31日 愛鳥塾in名古屋開催(受付準備中)
 ・11月3日(水)第2回TSUBASAセミナー(近日ご案内)

●Bird Deco フェルト教室の詳細はコチラご覧くださいませ。  
 
=====

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
TSUBASAの活動を、多くの愛鳥家の方に知っていただくため、
下記のバナーをクリックしていただければ嬉しいです。
にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
[PR]



by soushi914 | 2010-07-10 10:51 | 鳥愛

TSUBASAとCAP!の活動と管理人の日常をご紹介します。
by soushi914
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

メモ帳

検索

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧