人・鳥・社会の幸せのために

<   2010年 01月 ( 68 )   > この月の画像一覧




メッセージありがとうございます。

こんにちは!!

ガブリエル財団への募金の際に心温まるメッセージをいただきましたので
一部ご紹介させていただきます。

「亡くなられたマコウちゃんたちのご冥福を祈るとともに、
 回復中のマコウちゃんのこれからの幸せをお祈りしております。」

「今回のニュースには、本当に心が痛みます。
 事件の要約を読み、やりきれない思いになりました。
 少ない額ですが、少しでも鳥さん達の助けになればと思います。」

「頂いたメルマガで今回の事件を知り、少ないながら募金させて頂きました。
 多数飼いをしている己にとって他人事でなく、色々と考えさせられております。

 救出されたマコウさんたちみんながどうぞ幸せになれますように…。」

ありがとうございました。
いただいたメッセージもガブリエル財団にお届け致します。

皆様からの応援メッセージもお待ちしています。
(下記メールアドレスまでお願いします)
 tsubasa0615@gmail.com
[PR]



by soushi914 | 2010-01-30 13:43 | ガブリエル財団

(続き)ガブリエル財団への募金

こんにちは!!

皆様からの心温まるご支援ありがとうございます。
昨日(1/29)11:20以降の募金につきまして
ご報告させていただきます。
なお、金額の掲載は後日まとめてご報告させていただきます。
(昨日のご報告も同様にさせていただきました)

三菱東京UFJ銀行

1/29 11:20以降

N.M様
N.T様
M.U様
H.S様
H.K様
K.T様
H.H様
A.S様
A.A様
N.Y(N.C)様
M.N様
R.O様
M.S様

ありがとうございました。厚く御礼申し上げます。
[PR]



by soushi914 | 2010-01-30 13:34 | ガブリエル財団

ガブリエル財団への募金報告

いつもありがとうございます。

本日(11時20分頃記帳)までにお振込みがございました募金を
ご報告させていただきます。
ご支援ほんとうにありがとうございます。

三菱東京UFJ銀行

(1/29)
T.Y様 
I.K様 
H.M様 
U.N様 
I.T様   
C.A様 
H.H様 
S.S様 

本日の記帳後の募金につきましては、明日ご報告させて
いただきます。

【お願い】
TSUBASAの会員様以外で募金された方は、
お手数ですが下記までメールをいただけるとありがたいです。
(お振込されたお名前のみで結構です)
後日、ガブリエル財団からのご連絡をメールで転送させていただきます。
どうぞよろしくお願い致します。

tsubasa0615@gmail.com

重ねて御礼申し上げます。
[PR]



by soushi914 | 2010-01-29 15:15 | ガブリエル財団

「あなたの思いを行動に」 by ガブリエル財団

こんばんは!!

ガブリエル財団でのマコウ救出劇について、お知らせしてまいり
ました。今回、大型の鳥たちが40数羽救出され、そしてそのほと
んどの鳥たちは治療が必要な鳥たちだそうです。

そこで、ガブリエル財団ではたくさんの大型のケージやおもちゃ、
医療器具が必要だと地元テレビニュースや新聞を通じて、訴え
かけています。
「ガブリエル財団では、検体検査や手術、そして様々な治療を含む
緊急治療のためにお金が必要です。一羽につき最低でも250ドルは
掛かると見積もっています。多くても12羽は、症状が安定すれば
すぐにでも手術が必要です。
そしてもちろん、たくさんのおもちゃが必要です。鳥たちは数年の
間、ぎゅうぎゅうに詰められたケージの中で、座っている以外は
なかったのです。そして、ずっと、ずっと、待っていたのです。
この美しい鳥たちのよりよい未来を作ってあげるためにも、みな
さんの支援が必要です。」
(1月21日付けGaye Thomasson, TGF Volunteer Coordinator)

TSUBASAでは、今わたしたちにできることを考えました。
すぐにでも駆けつけてお手伝いをしたいという思いはありますが、
大変はがゆいことですが、それは現実的には不可能です。
そこで、日本の愛鳥家の皆さまにも鳥たちのための支援金を代行で
募らせていただくこととなりました。鳥を愛する日本の皆さまの
思いを、TSUBASAが代わって、遠いアメリカのガブリエル財団に、
届けさせていただきたいと思います。
ガブリエル財団への支援にご協力をご希望の方は、下記、振込先に
お振込みをお願いいたします。
お名前をご入力の際には、ガブリエル財団(TGF)への支援金と
分かるように、お名前の前に「TGF」とご入力ください。
お振込みいただきました支援金は、TSUBASAが責任を持って、
ガブリエル財団にお届けさせていただきます。

【ガブリエル財団への支援金振込先】
 三菱東京UFJ銀行(0005)
 池袋支店(359)
 口座番号:普通口座  8022722
 口座名 :ツバサ ダイヒョウ マツモトソウシ

 ※お名前をご入力の際には「TGF (お振込み人のお名前)」と
  ご入力ください。

「Turn Your Compassion into Action」
(あなたの思いを行動に変えて)

皆さまからのご支援をガブリエル財団と保護された鳥たちに代わり、
心よりお願いいたします。
(柴田 記)
[PR]



by soushi914 | 2010-01-28 22:38 | ガブリエル財団

サークルさんへ:CAP!フェスタへのご案内

鳥さんの作品を作られるサークルさんへ

こんばんは!!
昨日ご案内しましたようにCAP!フェスタを開催致します。
つきましては、是非ご出展いただきたくお願い申し上げます。

【CAP!フェスタ開催要項】

●開催日:4月11日(日)12:00~16:00

●開催会場:TSUBASAサポートショップ2階
      前回と同じ会場(埼玉県新座市中野2-2-22 ロムテック)

今回は前回より多くのサークルさんに出店していただきたいので
少し変更になります。何卒ご了承いただければ幸いです。

・1コマの寸法:90cm×45cm(180cmのテーブルの半分)
・1コマの価格:500円
・募集総数:36コマ

●応募開始日時

2月1日(月)14:00から

【ご注意】お申し込みは先着順になります。
     定数に達しましたら締め切らせていただきますの
     予め御了承願います。

●申込み方法

下記メールアドレスに必要事項をご記入の上お申込み願います。

○タイトル:CAP!フェスタ申込み

1.サークル(店舗)名
2.代表者
3.ご連絡先住所
4.電話番号
5.主な作品(PR文は後日で結構です)
6.ご希望コマ数

○メールアドレス

tsubasa0615@gmail.com

なお、お知り合いやお友達と並んで出展したい方は
その旨お知らせくださいませ。

多くのサークルさんのご出展をお待ちしています!!

=====

●「年賀状コンテスト2010」の応募作品は、このブログの
  カテゴリ「年賀状コンテスト」をご覧ください。

●Bird Deco フェルト教室の予定です。詳細はコチラご覧くださいませ。  
 
 2月14日(日)
 2月27日(土)
 
=====

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
TSUBASAの活動を、多くの愛鳥家の方に知っていただくため、
下記のバナーをクリックしていただければ嬉しいです。
にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
[PR]



by soushi914 | 2010-01-27 20:34 | とりッず(CAP!荘)

ガブリエル財団でのマコウ救出劇から学ぶ

こんにちは!

1月26日付けでお知らせいたしました、ガブリエル財団での
マコウ救出劇について、「飼い主はひどい人だ!」とお感じに
なられた方もいらっしゃるかもしれません。
ガブリエル財団のHPに掲載されている、地元テレビの
ニュースや新聞には、飼い主についての情報は詳しく明言されて
いないようです。飼い主の年齢についても、ニュース番組では
83才だったり、新聞では85才だったりと、年齢すらこのような
状況です。

今回のマコウ救出劇から感じたこと、考えさせられたことが
あります。それは、愛鳥さんの健康管理ももちろん大切なこと
ですが、飼い主さん自身の体も常日頃から大切にしていくことも、
鳥さんをはじめ動物と暮らす上ではとても重要なことだという
ことです。
あまり考えたくはありませんが、自分にもしものことがあった時の
ことを元気な内に考えておくことも、飼い主としての使命なのでは
ないかと、今回の事件を通して改めて考えさせられました。
みなさんは、どのようにお感じになられましたか。

以下は、少ない情報の中から抜き出したマコウたちの飼い主に
関する情報です。

◇飼い主の男性の娘のインタビュー(1月22日付CBS4ニュース)
「父は、動物虐待をする人ではない。長年、多くの動物たちを
お世話して育ててきた。しかし、(認知症のため)理解が
できなくなっていて、動物たちが病気であることも理解でき
なくなっている。手助けが必要なのです。」

◇プエブロコミュニティーアニマルシェルターのディレクター、
 Donna Straubのインタビュー(1月21日付プエブロ新聞)
「私たちは飼い主を非難したくはありません。
意図的な虐待行為があったとは全く思わないからです。」

また、9NEWS.comのHPには、
「飼い主が制裁を受けるかどうかは分からない」
と、掲載されていました。

続報がありましたら、またお知らせさせていただきます。
(柴田 記)
[PR]



by soushi914 | 2010-01-27 20:19 | ガブリエル財団

ガブリエル財団でのマコウ救出劇(要約)

こんにちは!

「パロットにとっての地獄があるのなら、自分は1月20(水)に
目撃した。」から始まった、ガブリエル財団(TGF)のボランティア
コーディネーターのGaye Thomassonによる40数羽のマコウ
救出劇の要約(抜粋)をお伝えいたします。

1月20日(水)12:00
プエブロコミュニティーアニマルシェルターから緊急要請を受ける。
約40羽のマコウ(ほとんどはルリコンゴウインコとベニコンゴウインコ、
ミドリコンゴウインコが1羽)とオオバタンが2羽、アカビタイムジ
オウムが1羽、アメリカ・コロラド州・プエブロのとある家から保護
された。

到着した時には4羽がすでに息絶えていた。その晩、何羽が生き残れるか
分からなかった。TGFのスタッフたちは診察を行い、必要ならば応急処置を
とり、それぞれの鳥に書類を作成し、新鮮な食べ物と水を鳥たちに与えた。
飼い主は、83才の認知症の男性。鳥たちにドッグフードを与えていた。
6羽のルリコンゴウインコが小さくて、みすぼらしい、金属製のケージに
入れられていた。積み重ねられた針金のケージの中には、病気で衰弱した
鳥が入れられていて、フンはフットボールの大きさほどに積み重なって
いて、餌入れや水入れは空だった。

鳥たちを運び出すことが先決だった。私たちは部屋に入った途端、足が
すくんだ。ドアのそばに、美しいベニコンゴウインコが息絶えていたのだ。
おびえる鳥たちをタオルでやさしく保護して、キャリーに移し、プエブロ
コミュニティーアニマルシェルターに運んだ。そこで、治療室に一羽
一羽を運び、やさしくタオルでくるんで、写真を撮り、ナンバーをつけて、
診察を行い、書類を作成した。

私たちが診た鳥たちのほとんどは身体的に問題があり、栄養不足で進行した
感染症を多く保有していた。悪臭のする中で呼吸をして生きていたことが
信じられないくらいだ。保護した鳥たちみんなが、この恐ろしい試練の中、
生き抜く強いスピリットを持っていたに違いない。

診察も終盤に差し掛かった時、私たちの心は締め付けられた。
他の鳥と同じように病気を患っている鳥をドクターがタオルにくるんで
足の診察を行うために持ち上げた。片方の足が完全になくなっていた。
ドクターがもう一方の足を診てみると、一本の小さな足の指が落ちて
しまった。腐っていたのだ。私たちはこの鳥に抗生物質と鎮痛剤を与え、
消毒した清潔なガーゼで足を包み、キャリーに戻した。
この鳥は助かるだろうか?誰にも分からない。

その後、鳥たちはガブリエル財団(TGF)に移されて、TGFスタッフや
多くのボランティアによって、手厚い看護を受けているそうです。
1月23日付けのレポートでは、木曜日の夜中の1時にプエブロを
出発してからは、鳥たちはみんな「survive」しているそうです。
この事件は、テレビのニュースや新聞で報道されたようです。
もっと、詳しい情報をお知りになりたい方は、ガブリエル財団の
HPをご覧ください。
http://www.thegabrielfoundation.org/

このような事件が二度と起こることがないよう、そして、保護された
鳥たちが一日も早く心も体も回復できるよう、ただただ祈るばかりです。
(柴田 記)
[PR]



by soushi914 | 2010-01-26 23:18 | ガブリエル財団

【速報!】4月11日にCAP!フェスタ開催

こんばんは!!

愛鳥家の皆様の熱いご要望にお応えして

4月11日(日)

にCAP!フェスタを開催することになりました。

開催会場:TSUBASAサポートショップ2階
     前回と同じ会場(埼玉県新座市中野2−2−22 ロムテック)

まず出展されるサークルさん、作家さんを募集致します。

応募開始日時

2月1日(月)14:00から

詳細は明日、このブログでご案内致します。

=====

●「年賀状コンテスト2010」の応募作品は、このブログの
  カテゴリ「年賀状コンテスト」をご覧ください。

●Bird Deco フェルト教室の予定です。詳細はコチラご覧くださいませ。  
 
 2月14日(日)
 2月27日(土)
 
=====

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
TSUBASAの活動を、多くの愛鳥家の方に知っていただくため、
下記のバナーをクリックしていただければ嬉しいです。
にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
[PR]



by soushi914 | 2010-01-26 20:01 | とりッず(CAP!荘)

受付開始しました@TSUBASAフォーラム

第3回TSUBASAフォーラムのご案内

開催要項は次の通りです。

日時:2010年3月14日(日)12:30~16:15
会場:国立オリンピック青少年総合センター(センター棟101号室)
入場料:無料 (定員になり次第締め切らせていただきます)

内容
1.2009年度活動報告(松本壯志)

2.TSUBASAゼミの学生による発表(2題)

3.TSUBASAスタッフ成果発表
  (1)「“今できない”は“これからもできない”ではない」
   ~トレーニングを通して体感した
     鳥の能力の素晴らしさ~(柴田祐末子)
  (2)「羽よ生えよ!」
   ~毛引き鳥たちの改善の記録~(望月健人)
  (3)「37羽のカルテ」
   ~マイクロチップによる新しい道~(涌井智美)
  (4)「TSUBASAにおける保温への取り組みと限界」(庭野真吾)

4.ボランティアスタッフによる発表
 「ガブリエル財団3ヶ月間研修レポート」(亀山晴子さん)

5.基調講演
  「コンパニオンバードの中毒について(仮)」
   恵比寿 小動物と小鳥の病院 Ebisu Bird Clinic MAI
   院長 浜本麻衣先生

6.2010年度の活動予定&連絡事項(松本壯志)
  (1)TSUBASAの法人化について
  (2)バードライフアドバイザー、シンポジウムなど

 TSUBASAはおかげさまで3月21日で10周年になります。
 この節目に親会社(株)ロムテックから独立し、社団法人になる予定です。
 社団法人になってもご支援いただきく、多くの方に
 参加していただき、ご説明を聞いていただければ幸いです。
 (お知り合いの方がいらっしゃいましたら是非お声をかけていただければ嬉しいです)


お申込みはコチラお願いします。

たくさんの方のご参加をお待ちしています!!

=====

●「年賀状コンテスト2010」の応募作品は、このブログの
  カテゴリ「年賀状コンテスト」をご覧ください。

●Bird Deco フェルト教室の予定です。詳細はコチラご覧くださいませ。  
 
 2月14日(日)
 2月27日(土)
 
=====

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
TSUBASAの活動を、多くの愛鳥家の方に知っていただくため、
下記のバナーをクリックしていただければ嬉しいです。
にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
[PR]



by soushi914 | 2010-01-25 23:59 | TSUBASAフォーラム

ガブリエル財団で最悪の事態が!?

こんにちは!!
TSUBASAがいつもお世話になっている
ガブリエル財団でたいへんな事態が起こりました。

マコウが約40羽以上緊急に保護されました。
詳しくは概要を翻訳して後ほどご報告します。
[PR]



by soushi914 | 2010-01-25 20:17 | ガブリエル財団

TSUBASAとCAP!の活動と管理人の日常をご紹介します。
by soushi914
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

メモ帳

検索

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧