人・鳥・社会の幸せのために

<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧




通常通り営業致します。

クラミジアの件、皆様にはたいへんご心配、ご迷惑を
おかけ致しました。申し訳ございません。

施設でクラミジア陰性の報を受けて、即日、三鷹サテライトの
環境の検査を実施しました。
対象は1階、2階、トイレなどすべてです。
できるだけ埃がたまりやすいところを中心に採取しました。
エアコン、換気扇、パロットスタンド、窓枠、部屋の四隅
など、できるだけ多く箇所から採取しました。
採取したスワブはCBLさんに提出し検査をお願いしました。

その後、念入りに消毒清掃を行いました。

11/19に「陰性」であったというご連絡をいただきましたのでご報告致します。

ご心配、ご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございません。
三鷹サテライトは多くの方(鳥さんも)が出入りしますので、今まで以上に気をつけていく所存です。
オープン当初から病院で使うオゾン発生装置を24時間フル稼働していますが、
他にも何か効果的な方法や装置があれば教えていただければ幸いです。

なお、三鷹サテライトは11/23(土)より通常通り営業させていただきます。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]



by soushi914 | 2008-11-21 22:14 | CAP!三鷹サテライト

【緊急報告】CAKと三鷹をクローズさせていただきます。

まず皆様にお詫び申し上げます。
千葉CAK開設以来、一度も出たことがないクラミジアが先日(11/5)の
検査で検出されました。
検出されたエリアは一部で、スタッフしか出入りできない場所です。
今までの開放のときに皆様に可愛がっていただいた鳥たちではありません。
ただ、クラミジアは人獣共通感染症です。
TSUBASAとしてはこのことを重く受け止め、人への感染を防ぐために原因を
究明し、対策後、再検査で「問題なし」と判断するまで施設をクローズ
させていただきます。

今年最後の開放を楽しみにされていた皆様には本当に申し訳なく思っています。
心からお詫び申し上げます。

早速、今日から飼育施設をクローズし、徹底的な消毒を行います。
次に、排菌している鳥を特定し、隔離室にてクラミジアの排菌を抑えるため
の薬物投与を行います。
最後に、再びクラミジア検査を実施し、施設内が清浄化されたこと、鳥から
の排菌がないことを確認します。
幸い、飼育している鳥たちには症状は認められていませんので、排菌を抑える
だけの対処で済みそうです。

今年最後の開放ということで、いろいろなイベントを予定していました。
CAP!フェスタ秋祭りで「わくわくフリーマーケット」に出店予定されていた
作家の皆様、この日のために準備をなさっていたのに本当に申し訳ございません。
ご来訪とバーベキューなどへのイベントを楽しみにされていた皆様、ほんとうに申し訳ございませんでした。

●三鷹サテライト念のためにクローズします。
11/9(日)CAP! 三鷹サテライト2階において「MTB」を行いました。
このとき施設から連れていった鳥たちにはクラミジアの排菌は認められて
いませんが、念のため三鷹サテライトもクローズします。
(徹底的な消毒と環境スワブの検査を実施します)
三鷹サテライトは、施設で行う消毒を通常実施していることと、医療関係で使用している「オゾン発生装置」を24時間作動させていますので、
「問題ないのでは」というご意見も頂戴しました。
しかし、念には念を入れて環境スワブ検査の結果に問題ないことが判明する
までクローズ致します。
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

●当日(11/9)三鷹サテライトにお越しいただいた皆様へ

クラミジアはご存知のように濃厚接触をしない限り、人への感染は
ないと言われていますが、空調などの影響で接触がない場合での感染が
認められています。
潜伏期間は10日から2週間と言われていますので、万が一、高熱や
風邪の症状がでましたら、医師にその旨お伝えいただければ幸いです。


TSUBASAでは今まで定期的に年2回の検査で、施設内からクラミジアが
検出されたことがありませんでした。
クラミジアが長期間出ていないので、外部からの侵入には特に気を遣っていました。
しかし、このような結果が出た事を重く受け止め、さらに厳重な対策を行っていきます。

このことで皆様からのご不明な点等ございましたら下記までお願い致します。

メール: tsubasa0615@gmail.com
電話 : 0439-80-7717

重ねてこのたびのこと心からお詫び申し上げます。

TSUBASA代表 松本 壮志


【CBLからのコメント】

 一般に、鳥類の数%の個体は体内にクラミジアを保有していると言われています。
それでも人との共同生活は可能ですし、その鳥も健康に暮らしていけます。
健康な鳥が体内にクラミジアを保有しているかどうかを生前に調べることはほとんど不可能です。
多くはクラミジアを体内に保有しているだけで、発症も排菌もせずに生活していることが多く、人への感染も問題になりません。
しかし、様々なストレスなどによってその個体の抵抗力が落ちてきた場合、体内のクラミジアが血液や糞便に出現することがあり、
発症したり、人へ感染する機会が起こってきます。
この時にはクラミジアを検出することが可能となりますので、少なくとも年に1ないし2回のクラミジアの定期検査は重要な意味を持ちます。
クラミジアが検出された場合の対処法としては、飼育環境の消毒と排菌の抑制が最も効果的です。 
消毒にはアルコールや逆性せっけんなど一般的な消毒薬が効力を発揮しますし、排菌の抑制にはテトラサイクリン系の抗生物質投与が有効です。
また、クラミジアは人獣共通感染症の原因菌ですが、鳥と触れ合う際に適切な消毒を行っていれば、容易に感染するものではありません。
CAKのクラミジア検査は春と秋の年2回実施しています。
これは、クラミジアを保有する個体が季節の変わり目に寒暖差によるストレスで排菌する可能性があるからです。
今回、飼育施設内の一部エリアからクラミジアが検出されましたが、適切な消毒と排菌個体への抗生物質投与によって、早期にクラミジアを封じ込めることができると考えております。

小鳥の病院 BIRD HOUSE
Companion Bird Laboratories
   真田 靖幸
[PR]



by soushi914 | 2008-11-12 11:15 | CAP!三鷹サテライト

三鷹に連れて行く鳥たちです。

明日、三鷹MTBに連れて行く予定の鳥たちを紹介します。
当日になって体調等の問題で連れて行けない場合もありますのでご了承願います。

里親さんを探すことが第一ですが、鳥たちのリハビリを兼ねています。
もともと人が大好きな子たちですので、MTBを通して社会性を学んで
ほしいと願っています。

●アオ@アオボウシインコ
今は手乗りではありません。
しかし、人には興味があり撫でて欲しくて人に一番近い位置で
じっとこちらを見ています。
手を出しても噛むというよりは逃げていくタイプです。
過去に手に嫌な思い出があり、トラウマになっています。
少しずつですが手に対して抵抗がなくなってきました。
a0058941_19172346.jpg


●モッコ@オキナインコ
ケージ内では、賑やかでテリトリー意識が強いですがケージから
出てしまえば抵抗なく撫でさせてくれます。
時間はかかりますが手を怖がらないので(向かって来ます)コミュニケーションはきちんととれる子です。
a0058941_19175760.jpg


●ボンゴ@ケープパロット(オオハネナガインコ)
脚を骨折したことがあり早くは歩けないのですが、工夫して歩いています。
撫でられることが大好きでいつも撫でてくれる人を待っています。
側に人が居なければ木で頭を自分でこすり付けたりしています。
毛引きしていますが、もっと長く接することができれば改善すると思います。

●プリン@コイネズミヨウム
じーっとこちらをみています。撫でられそうで撫でられない。
人には興味があるけれどちょっと怖い、そんな感じがします。
色々なものに興味を示し、新しいものをあまり怖がらないでくれる子です。

●フジ@キソデボウシインコ
●ダイスケ@アケボノモドキ
●ロッコ@オキナインコ
●ナナ@小桜インコ
●レモン@ワカケホンセイインコ
●タム@オカメインコ

その他詳細は担当(今回は涌井)にお問い合わせ願います。
もし、お時間がおざいましたら是非お立寄りくださいませ。
[PR]



by soushi914 | 2008-11-08 20:04 | MTB

中、小型が中心です。

11/9(日)13:00〜16:00に
CAP!三鷹サテライト2FにおいてMTBを開催します。

今回は中、小型インコ中心です。

ほんとうは大中小それぞれを考えていました。
ところがうっかりしたことがありまして、、、

11/5CAKの鳥たちに年2回行うクラミジア等の検査を実施しました。
真田先生ご夫妻(バードハウスさん)様に毎回ボランティアしていただいています。
いつもほんとうにありがとうございます。

実はクラミジア等の検査を実施した後は、検査結果がわかるまで各部屋の移動はできません。
そのため、各部屋から鳥を選抜することができませんので、
201号室と呼んでいる部屋の鳥たちを連れて行く事になりました。
(201号室は中、小型インコが多い)

もし、よろしかったら中、小型インコたちに逢いにいらしてくださいね。
[PR]



by soushi914 | 2008-11-07 16:54 | MTB

TSUBASAとCAP!の活動と管理人の日常をご紹介します。
by soushi914
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

メモ帳

検索

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧