人・鳥・社会の幸せのために

<   2008年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧




愛鳥塾(特別編)開催のお知らせ

愛鳥塾では、コンパニオンアニマルの業界で第1人者の専門家とコラボレーションを行う事になりました。

その第1弾は、ペットアロマのパイオニア:西村早苗先生です。

西村先生は、「ペットのためのアロマセラピー~ペットアロマセラピスト入門~」の著者でもあり、ペットを癒すプロを育てるジアスセラピストスクールさんの校長先生です。
六本木ヒルズとミッドタウンに囲まれたとある一角にジアスセラピストスクールさんがあり、全国から生徒さんが訪れます。

ペットアロマのパイオニア 西村校長が自ら教える真のペットアロマとは!
そして、愛鳥さんにアロマがどれだけ効果があるのか?
その神髄に迫ってきたいと思います。

a0058941_218858.jpg

ちなみに一昨年CAP!三鷹サテライトで開催した「モモ友に会いたい!」というモモイロインコのイベントを行いました。
そのときの主催者の先生は、西村先生の愛弟子さんです。

また、TSUBASAでもアロマは活用し効果を上げています。
それについてもレポートできればと思っています。

なお、今回の愛鳥塾(特別編)は、アロマセラピーがメインですので、私は「問題行動」についてを講義させていただく予定です。

今回は東京ですが、ジアスセラピストスクールさんは、京都、大阪にスクールがございますので順次開催する予定です。

愛鳥塾(特別編)
テーマ:「コンパニオンアニマルの心と行動」


 開催日:2月17日(日)13:00~16:00

 第1部:13:00~14:15
     
     「問題行動の予防と改善」:松本壯志
     
 第2部:14:30~16:00

     「愛鳥さんのためのアロマセラピー(仮称)」:西村早苗先生
  

 会場 :参加人数で会場を3カ所考えています。

     12名くらい → CAP!三鷹サテライト2F

     20名くらい → 東池袋/サンシャイン近く
              (弊社ロムテック会議室)

     40名くらい → 六本木セミナールーム

 参加費:3,000円

 申込み:tsubasa@cap.ne.jp 宛に

     ・タイトル「愛鳥塾(特別編)」
     ・お名前
     ・ご連絡先
     ・メールアドレス

     ご記入願います。

 締切日:2月15日(ただし、先着40名様で締め切らせていただきます)

 
 皆様のご参加お待ちしています!!


 
[PR]



by soushi914 | 2008-01-31 21:09 | 愛鳥塾

2月の愛鳥塾のお知らせ

2月は先日行いました愛鳥塾(2/11開催)と
もうひとつ愛鳥塾(特別編)(2/17開催)を
開催いたします。
愛鳥塾(特別編)は、現在企画中ですので決まり次第ご案内
致します。

まずは2/11開催の愛鳥塾のご案内です。

月日:2月11日(月)
時間:第1部:13:00〜14:15
   第2部:14:30〜16:00

場所:三鷹サテライト2F多目的ルーム

募集:12名様(先着順)

参加費:第1部のみ:1,000円(昨年講義した内容が中心)
    第2部のみ:1,000円(新規の内容)
    全部   :1,750円

申込み:1月31日 12:00から
   (定員になり次第締め切らせていただきます)

   お申込み希望の方は以下のメールアドレスに
   ・タイトル「愛鳥塾申込み」
   ・お名前
   ・ご連絡先
   ・メールアドレス
   ・第1部、第2部、全部のどれかをご記入願います。

    tsubasa@cap.ne.jp


プログラム
第1部:コンパニオンバード(入門編)
   「飼い鳥の素晴らしさと難しさ」


●コンパニオンバードとは?
 飼い鳥の歴史
 コンパニオンバードの現状
●素晴らしさ
 オウム返し!?
 おしゃべりの例
 インコとオウムの違い
 コンパニオンバードを見てみよう!!
●難しさ
 よくあるケース
 問題行動とは?
●コンパニオンバードの将来


第2部:コンパニオンバード(初級編)
    「飼い鳥の生活の質を高めるヒント」

●飼い鳥が欲しいと思ってからお迎えするまで
 飼い鳥を買う前に
 どこでお迎えする?
 どんな鳥を選ぶ
 鳥用品どんなものが必要で安全か?
●お迎えしてからの生活
 お迎えしたばかりのお世話
 日常のお世話
●幸せに暮らすためのヒント
 最善の食事をするためには
 鳥と仲良くするためには
 いつも健康であるためには
● その他

及ばずながら、講師は私が務めさせていただきます。
この機会に愛鳥さんとの生活の見直しや再確認、
そして、TSUBASAの支援も兼ねて、ご参加いただければ
嬉しいです。
(愛鳥さんとの同伴もOKです)
a0058941_11512635.jpg

画像は前回の愛鳥塾の様子です。
ヨルちゃん@ドウバネインコも真剣に聞いてくれました。
[PR]



by soushi914 | 2008-01-26 11:52 | 愛鳥塾

マンゴのクチバシ事件の証拠画像

ようやく証拠写真のある場所に戻ってきました。
(千葉CAKですが)

まず、マンゴのクチバシをよ〜くご覧くださいね。
下のクチバシに鈴が装着(?)されています。
a0058941_11243453.jpg


そして、思わず

「クチバシが飛んだ!!」

と言った物体です。
a0058941_11261186.jpg


もちろんクチバシは無傷で、飛んでいった物体は鈴です。

その鈴が下クチバシと同じ形に変形しました。

皆さんも気をつけましょうね!!
[PR]



by soushi914 | 2008-01-26 11:27 | インコ、オウム、フィンチ

我が家の事件簿(マンゴ@オオハネナガインコ編)

こんばんは!!

我が家の鳥事件簿、、、、4年ぶりの再開です。


先ずは、我が家のマンゴ@オオハネナガインコ(ケープパロット)
が大晦日から正月にかけて引き起こした珍事件をご紹介します。


=====

「マンゴが大変!!」

と大興奮気味の連絡が我が家からありました。

「どうしたの?」

ただならぬ様子に冷静を装いながら言葉を返しました。

「マンゴのクチバシが大変なのよ」

妻の興奮が収まらない状態をなだめ、じっくり話を聞くとこういう事でした。

マンゴ@オオハネナガインコが、吊り下げタイプの鈴が付いている
おもちゃで遊んでいました。
鈴を取り外し、飽きるまで遊んだ後、木材の部分を破壊すると
いうのがいつものパターンでした。

ところが今回は違います。
鈴を取り外すところまではいつものパターンでしたが、なんだか変。
よ〜く観察すると、クチバシの下の部分に、外した鈴が挟まっている。
しかも、きれいにくっついているので、「銀歯」のように見えます。

すぐ捕まえて外そうとしたが、外れない。
それよりも、その鈴が付いた状態で食事をしているという。
なんという適応力!?

いやいや、感心している場合じゃありません。

ということで一報が入りました。

すぐに帰京したかったのですが、大晦日と正月。千葉CAKは最少人員しかいません。

食事はしているということでしたが、金属がクチバシに装着(?)されて
いるということは危険であることは事実です。

可能な限り仕事を終わらせ、東京の我が家に戻りました。

一応画像は送ってもらっていましたので、様子はわかりましたが
実物(?)を見て、何とこんなにうまく装着できるものかと感心しました。

またまた、感心している場合じゃありません。

いよいよクチバシに装着された鈴外し作戦の実行です。

まずはマンゴをタオルで保定。
次に上クチバシと下クチバシの間を開け、固定する器具をセット。
鈴があるとはいえ、オオハネナガインコの噛む力はハンパじゃありません。
(口は閉じれない状態になります)

そして、うまく行くかわかりませんが、ラジオペンチを使う事にしました。
もし、ダメでしたら、いろいろな道具を使う予定です。

はじめに素手で鈴を取り外そうとしましたが、びくともしません。
次に最初の道具、ラジオペンチを使います。
鈴とクチバシの隙間がほとんどないので、ラジオペンチが入る余地がありません。

ちょっと無理かな、、、!?

さらに千枚通しのような先の細い器具(名前は不明)を使って、針の穴のような
隙間に挿します。
先が細いのとても慎重に行います。

ほんのちょっと隙間に入ったので、テコの要領で隙間をさらに広げ、
そこにラジオペンチを先っぽを入れました。

よし、ここからが勝負です。

手始めにかるく力を入れて取り外しにかかります。

びくともしません。

よっしゃ!

それでは、ちょっと強めに、、、、

ダメですね。

これで駄目だったらラジオペンチをあきらめよう。
それに、長い時間の保定はしたくないので。

「いくぞ!!」

今度こそ決めてなくてはと思い、心と力を込めて、、、、

そのときでした。2cmくらいの物体が1m以上飛んでいきました。

「やった!!」

と思ったとき、マンゴを保定していた妻が

「クチバシが飛んだ!!」

と叫びました。

まさか、、、と思いすぐ1m以上飛んでいった物体を確認。
その物体は表面が銀色。形が下クチバシです。

「そんな、、、、」

ものすごくあせりました。正直そんなに力は入れてなかったので
インコのクチバシってこんなに簡単にとれるものかと、、、

これは大変。すぐマンゴを病院に連れて行かなくてはと思い、
マンゴを見ると、そこにはちゃんとクチバシが上も下も付いています。

「良かった!」
そうだよね。そんなに簡単にとれないよねと独り言をいいながら
飛んで行った物体を手にすると、あの鈴がクチバシの形に見事に
変身していました。

こんな大騒動にも関わらず、その後マンゴは何事もなかったかのように
おやつを食べていました。

今回のマンゴ事件から、もしかしたら他の愛鳥家の方も同じような
ことを体験されていらっしゃるかもしれないと思いました。
その不安は的中し、三鷹サテライトに来られた愛鳥家の方も
同じ体験をされたそうです。

鳥のおもちゃを販売する立場として、非常にお恥ずかしい話です。
頭に良い鳥たちが、私たちが予想もできない遊び方を創造し、
そのことで予想できない事故に会う事もあるでしょう。

鳥さんにおもちゃを与える時はくれぐれも気をつけてくださいね。
機会がありましたら、「インコとおもちゃ」についてレポート
したいと思います。

マンゴのクチバシに装着した鈴と、1m先に飛んでいった物体の
画像は、千葉のパソコン(現在東京に居ます)にありますので
戻り次第掲載します。
[PR]



by soushi914 | 2008-01-24 22:28 | インコ、オウム、フィンチ

水浴び「プールの中に青菜を敷くこと」

こんばんは!!
掲載の許可をいただきましたのでご紹介します。

○「プールの中に青菜を敷くこと」
我が家のセキセイたちは
これをするようになるまで、水浴びすることはありませんでした。
それは、「プールの中に青菜を敷くこと」です!
 
それまで、良かれと思い小さめのガラスボールに水のみをいれていましたが、中の水を飲むだけで怖がって入ることはありませんでした。
それでも、朝、カゴの中に新鮮な青菜をいれると、その横の水入れではなぜか、入ることもできないような大きさなのにプルプル全身でうれしそうに水浴びのポーズをするのは知っていたので、ある日、ふと思いついて、プールに浅めに水を張り、青菜を一枚浮かべると・・・ザッパーン!と見事にダイブしてきました。
水が深すぎたのと、ガラスなので水の境が見えづらかったのかも知れません。。。
 
もしかしたら朝露などでも水浴びするのかしら・・・と水の少ないオーストラリアの自然で暮らすセキセイたちに思いを馳せました。。。それにしても10年以上一緒にいますが、いままで何で思いつかなかったのか不思議なくらいです。
 
あと太陽光がキラキラ水に輝くとさらにテンション↑↑ですよ!
 
ちなみに、雨に見立てて霧吹きを試したこともありますが、霧吹きにおびえまくって失敗に終わりました。
 
以上我が家の体験談でした。

               H.H様
[PR]



by soushi914 | 2008-01-21 18:02 | インコ、オウム、フィンチ

水浴びの体験談

メルマガ「愛鳥三昧!!」でご紹介しました「水浴び」で
愛鳥家の方から楽しい体験談をお寄せいただきましたので
ご紹介させていただきます。
この場をお借りして御礼申し上げます。

○「緑茶行水」
実家から引き取った先代セキセイインコが、何故か

「緑茶行水」

が大好きでした。(もちろん常温程度のものです)
なんとなくカテキン効果を期待して、今のセキセイインコ
にも緑茶で行水させてますが、一口味見して気に入らないと、
行水してくれませんo(;△;)o エーン

「アンタのために買ってきて るのよ、そのお茶のペット
ボトル~っっ」(飼い主の心、鳥知らず・爆)
しかもなぜか「季節限定モノ」とか「あまり値下げしてないヤツ」
とかがお気に入りです。誰だ、ヤツに値段を教えてるのは・・・

すみません、水浴びテクではなかったですね

この時期は寒いので、浴室暖房を入れたお風呂場で行水させてます
                 P.T様


○落ちる音。滴る音
昔飼っていた子たちが、やはり水浴び嫌いでして。
何とか水浴びをさせようと悩んでいた時に、水浴びしてくれた要因は
1つでした。(この子たちは、小型のインコたちです)

それが水の落ちる音。滴る音なんです。

雨がポツポツでも降り始めると、突然興奮してピチピチと
騒ぎはじめるのでケージを雨ざらしにすると動画の
オカメさんたちの様に夢中で水浴びをしてくれました。
(TUBASAの子たち同様に、庭の手作りハウスに住んでいました)

翌日、私が洗車をしているときに、少し離した場所に鳥かごを
置いて日光浴をしていたのですが。
同じく、洗車の水音としぶきに大興奮でして。
そのまま鳥たちも、洗ってしまった(笑)思い出があります。

ちなみに、今居る子たちも雨の滴や雨音に大騒ぎします。
一番困るのが、お茶など飲んで少量の洗い物が出来
台所に立つと蛇口の下に飛び込んできます。
コミドリコンゴウなんですが・・・洗い物になりません。
ヨウムはマイペースなので、お風呂一緒に入って湯気を
浴びるのが好きらしいです。

やはり、お湯の音に反応しますね。今の子も、2羽とも。
水音が、キーワードなのでは無いかな?と思う今日この頃です。
             Y様

○私のお風呂上りに濡れた髪
うちのオカメSはつい最近まで水浴びが嫌いでした。

霧吹きで雨のようにしても怖がるばかり…


それがある時、私がお風呂上りに濡れた髪のまま出てくると、
1羽のオカメが飛んできて、私の濡れた髪の毛で水浴びらしき
行動をとりました!

その時チャンス!

と思い霧吹きで水しぶきをかけてあげると喜んでくれました☆


その子だけ霧吹きが大好きになり、「私と霧吹きで遊んでる嬉し
そうなオカメ」を見た他のオカメも、今では一緒に水浴びしてます☆

CAP!さんで購入したバードバスは未だに誰も使ってくれませんが(泣)
自然の雨のような霧吹きでの水浴びは大好きです!

M.Y様

○「プールの中に青菜を敷くこと」
は申し訳ありません。まだ、掲載許可がまだですので、
もう少しお待ちいただけますか。

*他にも「このことがきっかけで水浴びするようになった」と
いうようなご体験ありましたら、是非教えてくださいね。

よろしくお願いします。

(追記)
オカメインコとクルマサカオウムの水浴びシーンの動画は
以下のサイトをご覧くださいね。
http://soushi914.exblog.jp/d2008-01-16(クルマサカオウム)
http://soushi914.exblog.jp/d2008-01-12(オカメインコ)
[PR]



by soushi914 | 2008-01-21 07:04 | インコ、オウム、フィンチ

今年最初のMTB

こんばんは!!

明日(1/20)三鷹サテライトにてMTB(Meet The Birds)を
行います。

今回連れて行く予定の鳥は

オキナインコ
オカメインコ
コイネズミヨウム
ヨウム
キホオボウシインコ
キビタイボウシインコ
アオボウシインコ
タイハクオウム

そして、TSUBASAの今年の「顔」

コウやん@オオキボウシインコを連れて行く予定です。
a0058941_1722962.jpg


もしかしたら、スポンサーシップ対象の鳥として

ダイ@オオバタン

も連れて行くかもしれません。

もし、よろしかったら逢いにいらしてくださいね。
[PR]



by soushi914 | 2008-01-19 17:09 | MTB

入浴シーン:第2弾:クルマサカオウム

前回に引き続き、入浴シーンをお届けします。

第2弾はクルマサカオウムです。

オカメインコたち同様に、雨が降り始めたら大騒ぎ。

隣の部屋では、トキ@オオバタンが歌っています。

雨って鳥たちにとってはどんな意味合いがあるのでしょうか?
こんなにはしゃいでいる鳥たちを見て、ますます不思議な
世界を見たような気持ちです。
[PR]



by soushi914 | 2008-01-16 17:36 | 動画をお楽しみください

禁断の入浴シーン、、、??

先ほど、こちら(千葉CAK)では突然雨が降ってきました。

その瞬間から鳥たちが騒ぎ始めました。
第1弾として、中庭のオカメインコの入浴シーンをご覧あれ。

とても気持ち良さそうですね。

私も一緒に雨に打たれましたが、寒くて、冷たくて、すぐ
合羽を着ました(根性無しです)、、、(苦笑)


[PR]



by soushi914 | 2008-01-12 13:39 | 動画をお楽しみください

救世主は誰でしょう??の解答とプレゼント

CAP!のメルマガで次のクイズを出させていただきました。

=====

TSUBASAの鳥たち約150羽が生活する千葉CAKには、
放し飼いの中庭があります。
広さは200平方メートル以上はあると思います。

ここにオカメインコ、ラブバード、ミドリインコ、天女インコ、
ダルマインコ、ワカケホンセイインコが約70羽生活しています。

TSUBASAの鳥のほとんどがペレットに切り替わっていますが、
実はこの中庭の鳥たちがシード食でした。
何度かペレットへの切り替えを試みましたが、うまくいきません。

そんなとき、検疫中のセキセイインコのペレット切り替えに
成功しました。
1羽だけの鳥のペレット切り替えのようにうまくいかないまでも
もしかしたら今度こそというチャレンジ精神が湧いてきました。

ペレットの切り替えには体重測定は欠かせません。
それができない中庭の約70羽の鳥たちへのペレット切り替えは、
無謀といえば無謀です。
でも、ダメだったらすぐシードに戻せばいいでしょう。
ということで作戦を練って実行に移しました。

先ずは、午前中にペレットのみ。
しばらくその場で様子を観察。
午後、そのペレットの食べ具合をチェックし、シードをあげる。
その繰り返ししかないと思いました。
でも、今までこれでうまくいかなかったのです。
今回もそうかなと思いきや、、、、

そんなとき救世主が現れました。

結果は大成功でした。

その様子は動画で撮影しています。よかったらご覧くださいね。
ブログ「インコとオウムと仲間たち」の
カテゴリ「動画をお楽しみ下さい」もしくは、
「2007年12月15日」に
掲載されています。
http://soushi914.exblog.jp/d2007-12-15

さて、ここからが問題です。

1.救世主は誰でしょう?

2.なぜ救世主になったのでしょう?

お分かりになった方は、

caps@cap.ne.jp

までメールでお願いします。

最初に正解された方に素敵なプレゼントを差し上げます。

======

という内容のクイズです。

たくさんのメールをいただき、皆様が
関心を持っていただいたことにとても驚きました。
でも、それはとても嬉しいことです。
飼えなくなった鳥たちを、中庭という「サンクチュアリ」
でお世話しています。
その鳥たちにスポットが当たったというだけでも光栄です。

さて、その解答の前に皆様からお寄せいただいたメールで
多かったのが次の内容です。


1.救世主は誰でしょう?
餌台に映った鳥さんたち自身の姿

2.なぜ救世主になったのでしょう?
餌台に映っている自分自身の姿を見て、鳥さんたちが群れて餌を食べたい
という自然の本能に訴えかけており、自然と鳥たちがあつまってきている
ように見えました。

これはある方のメールを全文引用しました。

すばらしい内容です。
私もとても感心しました。
皆さんほんとうに勉強されていますね。

ごめんなさい。もしかしたらこの方法でもうまくいったかも知れません。
餌台はステンレス製ですので、たしかに自分や他の鳥の姿が見えます。
食べ始めてもおかしくないでしょう。
この餌台は、長期間使っているので、これではないのですね。

でも、ほんとうにすばらしい回答です。
私も勉強させていただきました。

それでは、解答をご紹介します。


1.救世主は誰でしょう?
    ワカケとダルマさん

2.なぜ救世主になったのでしょう?
    ワカケとダルマさんは、前は中庭にはいなかったのですが、
    今は中庭にいて、ペレットをバリバリ食べているので、
    それを見ていた他の鳥さん達が、食べるようになった。


これは、一番最初に正解のメールが届いた方の全文です。
(他数名の方が正解されていました)

その通りです。完璧なご回答です。

TSUBASAの施設に来られたことのない方にはハンディがあるクイズ
でした。ごめんなさい。
でも、びっくりしたのは、この方は北海道の方です。

改めて名回答に「おめでとうございます」と
「ありがとうございます」を申し上げます。

プレゼントはブログ「オウムとインコと仲間たち」をご覧くださいませ。
北海道のS様、プレゼントが届くのをもう少しだけお待ちくださいね。

プレゼントは以下の商品です。
a0058941_20474683.jpg

これはアメリカに行ったとき、見つけました。
ほぼ実物大の大きさです。
喜んでいただけたら幸いです。
[PR]



by soushi914 | 2008-01-11 20:52 | 素敵な鳥グッズ

TSUBASAとCAP!の活動と管理人の日常をご紹介します。
by soushi914
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

メモ帳

検索

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧