人・鳥・社会の幸せのために

カテゴリ:インコ、オウム、フィンチ( 40 )




オーストラリアに行ってきました!

昨夜オーストラリアから帰ってきました。

4ヶ月前にセキセイとオカメの大群を見に行こうと計画しました。
まさか7月に47羽の遺棄されたセキセイや8月だけで11羽の
オカメを引き取るなど、このようなことになるとは、、、。
4ヶ月前に計画したとはいえ、ボランティアの方たちがお手伝いを
されている中、渡豪にはためらいがありました。
でも、こうして行かせていただきとても感謝しています。
しっかり野生の生態を見てきて、役立てるようにしたいと思います。

渡豪中、富津(千葉県)、新座(埼玉県)に居るTSUBASAの鳥たちは、
大きな問題もなくほっとしました。
留守を守ってくれたスタッフやボランティアの皆さんに心から感謝します。

オーストラリアでの出来事は逐次ツイッターでご報告します。
もし、よかったらご覧くださいね。
http://twitter.com/soushi914

a0058941_17512272.jpg

[PR]



by soushi914 | 2010-09-09 17:46 | インコ、オウム、フィンチ

【ご参考】毛引き

愛鳥さんが毛引きになって、心配されたり、悩んでいらっしゃる愛鳥家の
方も多いのではないでしょうか?

いつもありがとうございます。
CAP!/TSUBASAの松本壯志です。
からっとした札幌を体験してしまうと、東京のじめじめした気候から
逃れたいと思う毎日です。

先日(6/13)札幌で開催されたシンポジウムの懇親会でご相談がありました。
この方は、セキセイインコのたまちゃんの毛引きでずいぶん悩まれたそうです。
たまちゃんを治してあげたい一心から、ご自分でもいろいろ情報を集め
鳥さんに優しいエリザベスカラーを自作されたり、専門のサイトも立ち上げら
れたそうです。
もし、同じように悩んでいらっしゃる方や、ご興味がある方は下記サイトを
ご覧いただければと思います。
なお、毛引きの改善は鳥さんの個体差や環境などでも左右されます。
愛鳥さんの毛引き改善に繋がれば幸いです。

http://fukup.info/tama/index.html
(下記の文章はサイトから抜粋しました)

「インコが毛引き症になった当初、どうにかして早く治してあげたいと思い、
インターネットなどで情報を集めました。そのときに参考になるサイトも
いくつか見つけましたが、当時は数があまり多くなく、もっといろいろな
ケースの情報を見たいと思いました。その時の私のように、今も情報を探して
いる飼い主さんがいらっしゃるかもしれません。もちろん小鳥も人間と同じで
それぞれ個性がありますので、私のインコの治療法や対処法が同じように他の
小鳥さんにも当てはまるわけではないとは思いますが、あくまで一つのケース
として何かの参考にしていただき、私のインコの経験が他の鳥さんに少しでも
役に立てたらうれしいと思います。」

=====

●TSUBASAの予定
 ・6月27日(日)第14回愛鳥塾(受付中/残席あと少し)
 ・7月25日(日)第15回愛鳥塾(後日ご案内)
 ・9月20日(月)第1回TSUBASAセミナー(まもなくご案内)
 ・11月3日(水)第2回TSUBASAセミナー(近日ご案内)

●Bird Deco フェルト教室の予定は6月26日(土)です。
詳細はコチラご覧くださいませ。  
 
=====

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
TSUBASAの活動を、多くの愛鳥家の方に知っていただくため、
下記のバナーをクリックしていただければ嬉しいです。
にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
[PR]



by soushi914 | 2010-06-21 10:10 | インコ、オウム、フィンチ

マメルリハが丸の内に居ました!

こんばんは!!

仕事で東京/丸の内に行きました。
ビルの出入口を間違えたらしく、外にでると素敵な空間が広がっていました。
しかもたくさんの人だかり。

好奇心が強い自分としては、これはほっとけない。

という訳で探検開始。

この施設は

「丸の内ブリックスクエア」
http://www.marunouchi.com/brick/

だそうです。
今日オープンでした。どうりで人が多いはず、、、。

探検しているうちにおしゃれなセレクトショップがありましたので
本能に従い入店しました。

a0058941_17253662.jpg

(携帯で撮影しましたので鮮明ではありません)

私の本能はまだまだ錆びていませんでした。

棚にショウジョウコウカンチョウ(大リーグのカージナルスのマーク?)
のオブジェ(?)を発見。
さらに白色バタン発見。他にもいろいろな鳥の形をしたオブジェが
あちこちに展示しています。
聞きませんでしたが、売り物ではなさそうです。

最後にレジ側から外に出ようとしましたら、アンティークな鳥かごを発見。

なにやら小さい鳥が2羽寄り添っています。

これもオブジェ??

どれどれ、、、好奇心が強いので買い物もしないのにレジへ。

店員さんがけげんな顔をしていましたが、そんなのおかまいなし。
(こういうときはとても行動的になってしまう、、、苦笑)

あれま!? マメルリハインコじゃん。
しかも、ブルー。
寄り添っていましたのでペアのようです。
グッズではありません。本物です。

きっと店員さんか、オーナーの方が鳥好きなのでしょうね。
そう思うと、店内にある鳥の形のグッズや、あちこちに商品を飾る為に
置いてある鳥かごもうなずけます。

もし、お近くの寄られたら、是非どうぞ。

お店の名前は
BATON(レディス・メンズ・生活雑貨・リサイクル品)
です。1階にあります。

a0058941_17255983.jpg

(かごが見えますか? あの中にマメルリハが2羽います)

ちなみにこのお店の隣は行列ができていました。
エシレ・メゾン デュ プール
という洋菓子もお店です。
あれだけ並んでいるのだからきっと美味しいのだろうと思いましたが、
根性なしなのであきらめました。
並ぶのが大丈夫な方はどうぞ。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
TSUBASAの活動が多くの愛鳥家の方に知っていただくため下記のバナーを
クリックしていただければ嬉しいです。

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
[PR]



by soushi914 | 2009-09-03 17:26 | インコ、オウム、フィンチ

販売されました!

先日ご案内しました「インコ・オウムはほめてしつける」
が誠文堂新光社さんから販売されましたのでご案内します。

さらに「ザ・コニュア」も出版されました。


インコ・オウムはほめてしつける
http://item.rakuten.co.jp/cap/10001953/

ザ・コニュア
http://item.rakuten.co.jp/cap/10001952/
[PR]



by soushi914 | 2009-06-25 17:43 | インコ、オウム、フィンチ

「インコ・オウムはほめてしつける」


タイトルの本の序文を掲載します。

=====

インコ・オウムは素晴らしい生き物です。
際立って美しい羽色と仕草やおしゃべりで私たちを
楽しませてくれるだけでなく、驚くべき知能の高さも見せてくれます。

さらに、人間と強い絆を築くこともでき、
強い絆で結ばれたインコ・オウムはあなたの髪の毛を繕ったり、
耳を優しく噛んだり、エサを吐き戻して気前よく分けてくれたり、
恋人のようにあなたを守ってくれるでしょう。

あなたの鳥がおしゃべりすることができるなら、
一日に何度も「愛してる」と言ってくれるかもしれません。


これほど深く献身的な愛情を注いでくれる動物や家族は、
インコ・オウム以外にはたしてどれくらいいるでしょうか?

飼い鳥でも気持ちは野生の鳥

 私たちのハートを盗む可能性を秘めたインコ・オウム。
現在多くの人が彼らをペットとして飼っているのも不思議ではありません。
とはいえ、飼い鳥であっても遺伝子は野生の鳥と基本的に同じなのですから、
愛らしくフワフワしたインコ・オウムには危険も潜んでいるのです。

 現在飼われている鳥たちの多くは飼養下で繁殖された鳥たちですが、
行動においては野生で暮らす鳥たちと数多くの類似点があります。

 これは熟考されるべき大変重要な部分です。
なぜなら野生のインコ・オウムの自然行動を理解することで、
私たちと暮らす鳥たちの行動をより一層理解することができるからです。

 本書は、小さなオカメインコでさえ羽の生えた凶暴な野獣に
変わってしまう「攻撃行動」という自然行動の裏に隠されたミステリーを探ります。
a0058941_16582987.jpg

=====

待ちに待った本が誠文堂新光社さんから出版されます。

バーバラ・ハイデンライクさんが書かれた本です。
バーバラさんは鳥たちの行動学においては第一人者と言われています。

以前から名前はよく聞いていましたが、
3年前、スペイン/カナリア諸島/ロロパークで開催された
「オウム会議」でバーバラさんに初めて会いました。

そして彼女の講演を最前列の席で聴くことができました。

とてもすばらしい講演でした。

ビデオ撮影を特別に許可していただきましたので、
このときの講演の一部を愛鳥塾で上映したこともあります。

そしてようやくバーバラさんの単行本が翻訳されました。

しかも翻訳した方が、私たちと共に海外の鳥業界を開拓した
奥村仁美さんです。
現在はフリーで活躍していますが、コンパニオンバードの
翻訳では一番信頼できます。

今日の時点ではまだ販売されていません。
発売されましたら、大型書店やネット通販、もしくは
CAP!でも販売します。

この本はきっと皆様にとって有益な本となるでしょう。
超お勧めの書籍です。
[PR]



by soushi914 | 2009-06-22 17:24 | インコ、オウム、フィンチ

残念、、、、!?

新型インフルエンザが短期間でフェーズ4から5になったと
思ったら、国内でも簡易検査で陽性が出てしまいましたね。
明日には結果が出るそうですが心配です。

エジプトでは豚35万頭を全部処分するというニュースも聞きました。
イスラム教では豚は食べないので、すべて外国人用だそうです。

それにしても全部処分とは、、、何か方法はないものでしょうか。

日本の豚はどうなるのでしょうか?

これが鳥インフルエンザでしたら鳥達はどうなるのでしょうか?

100年に一度の不況に加えて、新型インフルエンザのパンデミック
の脅威と不安な世の中になりました。

一日でも早くワクチンを作ってほしいですね。

ワクチンといえば、鶏の有精卵を使うそうですね。

有精卵といえば、、、
今日、クルマサカオウムの夫婦が温めていた卵が落下していました。
通常では落ちないので、自分で落としたと思われます。
画像をご覧の通り有精卵でした。残念です。
a0058941_22222416.jpg

[PR]



by soushi914 | 2009-04-30 22:24 | インコ、オウム、フィンチ

NHKダーウィンが来た!にコンゴウインコが、、、

明日(4月26日)NHK総合テレビ/地上デジタル
夜7時30分から「ダーウィンが来た!」が放送されます。
今回のテーマはコンゴウインコ。

タイトルは
「遊び大好き!? 王様インコ」
a0058941_16311694.jpg

南米アマゾンに生息するコンゴウインコ。
頭から尾まで1メートルもあり、極彩色の美しい姿から
「インコの王様」と呼ばれます。
研究者によると、コンゴウインコは“遊び”が大好きだ
といいます。枝に逆さまにぶら下がったり、コンドルを
からかったり。遊びの秘密は優れた知能と余裕のある食生活。
しかし、子育てとともに暮らしは一変。
ヒナの食欲を満たすため、親は羽根がすり切れるまで働き、
遊んでいる余裕はもうありません。
王様インコの知られざる暮らしを追います。

画像と文章はホームページからです。
http://www.nhk.or.jp/darwin/program/index.html

愛鳥家の皆さん、必見です!!
[PR]



by soushi914 | 2009-04-25 16:31 | インコ、オウム、フィンチ

楽しく暮らせる かわいいインコの飼い方

a0058941_22555029.jpg

たいへんお待たせしました。

待望の磯崎哲也先生の書籍が発売になりました。
タイトルは

「楽しく暮らせる かわいいインコの飼い方」

内容はアマゾンからの抜粋ですが下記に貼付します。

===

賢くて人間への愛情いっぱいのインコは、室内で飼える根強い人気のペットです。
毎日のお世話から、一緒に盛り上がれる楽しい遊び、手のり・おしゃべりの
トレーニング、巣引きの方法まで丁寧に紹介するとともに、かわいい写真を満載しました。

内容(「BOOK」データベースより)
歌い踊ったり、しょげかえったり、とっても表情豊か!おしゃべり・歌が大好き!
人間と動作や感情を共有する「一緒」が大好き!陽気で遊び好き、甘えん坊、
おっとりのんびり屋さん…インコはみんな個性豊か!魅力いっぱいの
インコたちと楽しく遊ぼう。
毎日のお世話から楽しい遊び、手のり・おしゃべりのトレーニング、
巣引きまでかわいい写真が満載。

===

投稿していただいた皆様、三鷹サテライトに撮影会に来ていただいた
皆様と鳥さん、ありがとうございました。
この書籍に掲載されているといいですね。

掲載されていましたら、よろしかったら下記メルアドまで教えてくださいね。
tsubasa0615@mail.com

なお、この書籍はCAP!楽天店での販売は準備中です。
準備でき次第ご案内致します。
[PR]



by soushi914 | 2009-04-12 23:00 | インコ、オウム、フィンチ

画像あり:我が家の鳥事件簿

メルマガには画像が掲載できませんので、こちらに画像付きで掲載します。

===

第9弾:我が家の鳥事件簿

=====
先日紹介されたマンゴ@オオハネナガインコ(ケープパロット)ちゃんの
事件に近いのですが・・・

主役はぴぃたん@セキセイインコオパーリンブルー♂です。
先代の白ハルクインに比べ「なんか尻尾が長いよね〜♪」と
普段から褒めちぎっていたのですが(単なる飼い主バカ?)
よもやそれが災いしようとは・・・

たいていのセキセイ等小型の鳥さんたちは、似たようなケージ住まいだとおもいます。
どこのメーカーさんもそう大差ないつくりだと思っておりました。

先代から引き継いだA社製ケージ暮らしをしていましたが、
洗ってる間の仮住まいもかねて、もう1つ近いサイズのB社のケージを
買い足しました(毎日曜に籠を洗うのでA社の籠で1週間、B社の籠で
1週間のサイクルです)

B社製ケージに居るあるとき「ケケケケケッ!」とけたたましい鳴き声を
上げるので何事かと覗いてみると、スチール製(?)針金を組んでJの字に
曲げこんである部分(添付写真の丸囲みのような部分。B社製はもう少し
だけ先端が開いていました)に、尾羽が挟まりこんでいました。
本人(鳥)もパニクっていましたが、小さい籠の出入り口に両手は入らないし
(セキセイすら片手で掴めないダメ飼い主)、
籠の外から「ぴぃたん、落ち着いて!!暴れないで〜」と
オロオロするばかりでした。
幸い尾羽が酷く折れることもなく、自力で脱出してくれたのですが、
B社製ケージにいるときに限って2,3度同じ事故があったので
、結局A社製同型ケージをネットで探しまくって(CAP!さんでは扱って
なかったので<(_ _)>)買いなおしました(スペア入れ て2つも・汗)

むしろB社のほうが、鳥飼いさん達の間ではメジャーなのに、
餌入れを「ちゃぶ台返し」されないようにロックがかけられて、飼い主的にも
すごくありがたかったのに(ここらが本音・笑)
飼い主同様リーズナブルでコンパクトな住まいが暮らしやすいつつましや
かな(?)ぴぃたん@セキセイインコでございました

ペンネーム:P−TAN

でも、あんなところにシッポ挟むドジなインコなんて
うちのだけかもしれない・・・(ー.ー )

a0058941_17435588.jpg

[PR]



by soushi914 | 2008-03-15 17:51 | インコ、オウム、フィンチ

マンゴのクチバシ事件の証拠画像

ようやく証拠写真のある場所に戻ってきました。
(千葉CAKですが)

まず、マンゴのクチバシをよ〜くご覧くださいね。
下のクチバシに鈴が装着(?)されています。
a0058941_11243453.jpg


そして、思わず

「クチバシが飛んだ!!」

と言った物体です。
a0058941_11261186.jpg


もちろんクチバシは無傷で、飛んでいった物体は鈴です。

その鈴が下クチバシと同じ形に変形しました。

皆さんも気をつけましょうね!!
[PR]



by soushi914 | 2008-01-26 11:27 | インコ、オウム、フィンチ

TSUBASAとCAP!の活動と管理人の日常をご紹介します。
by soushi914
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

メモ帳

検索

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧